(オンライン)外国人講師とロールプレイング「現場対応の質疑応答」練習道場

こんな方におすすめ!

  • 通訳案内士試験の二次対策をできる場所を探している
  • とっさのトラブルに対応するトレーニングをしたい
  • 外国人講師と直接話せる機会が欲しい
  • ほかの人のロールプレイングを見て学びたい

概要

通訳案内士の二次試験、三つ目の関門である「現場対応の質疑応答」を徹底的に練習します!

本番と同じロールプレイング形式で、外国人講師にゲストを演じてもらい、参加者の方にはガイドとして現場対応していただきます。

想定外の質問やとっさのトラブルに対応するには、実際に外国人講師と話して実践することが大切です。二次試験に通用する、ガイドとしてのホスピタリティを身につけましょう!

※外国人講師と日本語講師、二人体制での講座となりますので、日本語でのご質問もしていただけます。

参加費

3,000円(税込)
■JWG一般会員: 25%OFF  (2,250円)
JWG一般会員のみの割引となります。

※一般会員登録はこちらからお申し込みください。

開催予定日

  • 2020年11月21日(土) 14:00-15:00
  • 2020年11月26日(木) 18:30-19:30 ※定員に達しました
  • 2020年11月29日(日) 14:00-15:00

当日の流れ

60分を予定しています。

予定時刻15分前:オンラインルーム開室
-ズームに不慣れな方はこの時間中にログインください。

予定時刻5分前までにお集まりください。
予定時刻ちょうどに開始します。

==進め方==

  • 一人ずつ、現場対応に対する質疑応答をロールプレイング形式で実践していただきます。
  • 終わってから、ほかの参加者からのフィードバックをもらい、客観的な視点で改善点を洗い出します。
  • 時間の許す限り、様々なシチュエーションを想定した質疑を投げかけます。

二次試験に関する質問、何でも受け付けます!

とにかく練習あるのみ!最初からうまく話せなかったり、つまってしまっても大丈夫です。失敗も込みで本番までの「場数」として使ってください。しっかり準備して、二次試験に合格しましょう!

講師のご紹介

澤田春江(Haru)
京都生まれ。十年間、学習塾や高校などで幅広く教育に携わる。
ケニアの大自然で旅に目覚め、世界を放浪する。好きな国はメキシコ。
旅先で出会った親切な人たちのように、日本を訪れる旅人をサポートしたいと、2019年度通訳案内士資格(英語)を取得。
現在は、株式会社ノットワールドで研修事業の企画運営に携わりつつ、通訳案内士試験に向けた講座を多数開催している。(https://knotworld.jp/team/)

=========================

Susanne Esther Arkema(Suus)
ニックネームはスース。オランダ北部、フローニンゲン出身。
東京のホッケーチームで活躍している現役アスリート。
オランダにて観光ビジネスを勉強後、ツーリズムマーケティングなど、観光に関わる仕事につき、1年間のシンガポール生活を経て、現在は株式会社ノットワールドで海外向けのメディア発信、プロモーションを担当。(https://knotworld.jp/team/)

ご用意いただくもの

  1. オンライン環境
  2. パソコン
  3. (必要であれば)辞書

※食べもの、飲みものは自由です!リラックスしてご参加ください。

募集人数

5名(参加者がそれぞれ発言する時間を確保するため、少人数を予定しています)

※参加人数が上限に達してお申し込みができない方が多数の場合は、追加日程での開催も検討いたします。ご希望があれば、お気軽にお問い合わせください。

キャンセルポリシー

お客様都合によるキャンセルにつきましては、下記の規約4項に記載しているキャンセルポリシーを適用いたします。
https://japanwonderguide.com/condition/

お申し込み

※申込完了メールが届かない場合は、メールアドレスが間違っている可能性等が考えられるため、ご連絡ください。

3,000円(税込)
■JWG一般会員: 25%OFF  (2,250円)

※会員にご興味のある方は、こちらまで

日付をクリックの上、申込に必要な事項を記入してください。

登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID予約日時カレンダーステータス
予約の詳細
close
予約の詳細
あなたの個人情報は表示されません。
サービスを選んでください
サービスの詳細

タイトルとURLをコピーしました