誰もが楽しめる旅行を目指す。ユニバーサルツーリズムとは?

通訳案内士/ガイド

誰もが旅行を楽しめる世の中へ―「もし、自分が車椅子に乗っていたら、旅行中どんなことが不便だろうか?」「もし、日本語が分からなかったら、自分は目的地にたどり着けるだろうか」
ほんの少しの他者への思いやりと想像力で、年齢や障がい、言語レベルなどに関係なく、すべての人が旅行を楽しむことが出来るようになります。
今回は、誰もが楽しめる旅行を目指す、ユニバーサルツーリズムについて書いていきます。

ユニバーサルツーリズムとは?

ユニバーサルツーリズムという言葉をご存知ですか?
ユニバーサルツーリズムとは、すべての人が楽しめる旅行のことです。
英語では、Accessible tourismと言います。
高齢者や身体が不自由な方、妊婦、乳幼児を連れた家族、知的障がい者、精神障がい者や視覚・聴覚障がい者など、なかなかスムーズに旅行をすることが難しい方が対象となります。
ユニバーサルツーリズムの取り組みを一切行っていない場合、上記の方々にとって不便なことは多いでしょう。例えば、訪れた観光施設で、バリアフリー化が不十分だったら、思うように観光を楽しめない、というように。
それぞれが行きたい場所に、誰もが行けるようにする。勇気や自信がなくて、旅行に行きづらかった人でも、旅行に出かけ、楽しい思い出をつくれる。
日常生活において困難を抱えている方々でも、安心して旅行ができるよう整えることが、ユニバーサルツーリズムの取り組みです。

日本人の3人に1人が対象者

ユニバーサルツーリズムを知っておくことがなぜ必要なのかといえば、まず日本人の1/3が、ユニバーサルツーリズムの対象者であるということがいえます。
高齢化社会が進む日本において、他人事ではおけない状況になっています。
今後より多くの観光客を集めるためにも、有効な取り組みなのです。

訪日観光客も対象

多くの訪日観光客は、言語の壁にぶつかります。東京や京都など、主要の観光地では多言語対応が少しずつ進められていますが、残念ながら地方ではあまり進んでいません。
そのため、日本語が分からない訪日観光客も、ユニバーサルツーリズムの対象となります。
訪日観光客を呼びたくても、情報が少ないために不便な地域は、未だ多くあります。
観光情報の英語での発信、多言語対応のコンシェルジュサービス、ホテルや交通機関の手配を含んだ旅行パッケージ、ガイド付きのツアーなどは、旅行者の不安やストレスを軽減し、訪日観光客が安心して旅行を楽しめるようにする対策の一部です。
また、日本語が分からず、さらに身体に不自由がある場合などは、更に不安を感じ、日本旅行のハードルが高く感じられるでしょう。しかしそのハードルを下げていくことができれば、より多くの人が日本旅行を楽しむことができるのです。

ユニバーサルツーリズムの普及で期待できること

現在、国内のユニバーサルツーリズムの普及はというと、十分とはいえません。今後観光を盛り上げ、地域に貢献していくために、ユニバーサルツーリズムを整えることは不可欠です。
多くの人の旅行に対する不安を解消し、心身のストレスを減らすことで、観光客を増やす。
誰もが旅行を自由に楽しむことができるようになれば、より多くの地域の活性化が期待できます。

ユニバーサルツーリズムの取り組み

前提として、実際にどんな配慮が必要か、ニーズを汲むことが最優先です。
一人一人、旅行中不安に思うことは違います。
個人に合った正確な情報を提供し、様々なニーズに応えられるよう整えていく必要があります。

実際に観光に携わる企業で、どのような取り組みがなされているのかというと、以下のような例が挙げられます。

  • コンシェルジュサービス
  • 情報発信
  • ユニバーサルツーリズム対象ツアー/バリアフリーツアーの販売

バリアフリーの宿泊施設や移動手段、観光施設やトイレなどといった情報の十分な発信や、対応施設の手配、ツアー商品の販売などがあります。
また、困ったときに問い合わせできる窓口を設置できれば、不安の軽減につながり、旅行がしやすくなります。
近年では、リハビリや療養を兼ねた観光など、様々な形のツアーも増えています。

「みんな」や「すべての人」という言葉をよく耳にしますが、何の不自由なく過ごせてしまう人々が、スタンダードになってはいませんか?
観光の今後を考えるとき、文字通りすべての人が楽しむことができる環境を整え、ユニバーサルツーリズムを日本に普及させることが、今後の観光のあるべき姿のひとつなのではないでしょうか。

おすすめの記事

外国人観光客数・消費額で見る外国人に人気な都道府県ランキング
日本のインバウンドは今年大きな打撃を受けたものの、統計によると2011年から2019年まで9年連続で訪日観光客が増加し...
404 NOT FOUND | JapanWonderGuide
ゲスト・地域・ガイド目線に立った一歩先のガイドコミュニティ
通訳案内士が描く将来のキャリアプラン7選
通訳案内士/通訳ガイドは、一生観光ガイドとして生きていくのか。ここでは、通訳案内士/通訳ガイドになった先に描くキャリア・職業をご紹介します。
自然環境と地域の文化を守る。サステイナブルツーリズムとは?
大量の観光客が押し寄せ、環境汚染や自然破壊などの現象が起きる観光地と、地域の自然や文化を活かした観光地とどちらが好ましいでしょうか。自分たちにとって楽しい旅行でも、観光地の方々の生活を崩す観光は避けたいですよね。 今回は、持続可能な観光を目指す、サステイナブルツーリズムについて一緒に学んでいきましょう。

JapanWonderGuideでガイドを目指しませんか?

JapanWonderGuide(JWG)は「日本のガイドの質を世界一に」をスローガンに掲げるガイドコミュニティです。2020年から活動を開始し、全国通訳案内士等を中心に、現在は、2,000名を超えるコミュニティとなっております。

JWGの有料会員(KNOTTER, ノッター)にご登録いただくと、月額1,000円(税込1,100円)で、ガイディングやビジネスに活きる知識・スキルが身につく研修動画、E-Learningが見放題!有料コンテンツを無料でご視聴いただけます。
そのほか、下見やツアー時の観光施設の優遇利用や、人気観光施設の最新情報や裏話をお届けするJWG Live!の見逃し配信、各研修の割引などをご利用いただけます。

さらに、有料、無料会員様ともに研修やイベント情報など、ガイドに役立つ内容がたっぷり詰まったメルマガを月に2回お届けします。
また、ガイド仲間を見つけ、交流できるFacebookグループにもご招待!情報交換の場としてお使いください。

フリーメンバーKNOTTERKNOTTER+
料金無料月額1,000円
(税込1,100円)
年間14,000円
(税込15,400円)
期間無期限毎月自動更新2023年8月31日まで
①Japan Wonder Travel
プラットフォーム利用
➁メンバー限定Facebookグループご招待
③メンバー向けメルマガ受信
④JWG Live!見逃し配信
⑤優待施設利用
⑥JWG主催研修割引
⑦通訳案内研修
(3,500円)
無料無料
⑧JWG動画配信有料無料無料
⑨通訳ガイド保険
会員種別・会費について

通訳ガイド保険がついたKNOTTER+では、資格の保有の有無に関わらず、通訳案内業務が補償の対象となり、安心してガイドのお仕事ができます。
インバウンド復活の兆しも少しずつ見えてきました。ぜひこの機会にご検討ください。

JWGでは、ガイドのスキルアップを目指す方や、ガイドに挑戦したい新人ガイドさんを応援します!

「学校の合間に」「週末だけ」でも大歓迎!
JapanWonderGuideと一緒に、ツアーガイドへの一歩を踏み出しませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました