通訳案内士のゲスト対応:グルテンフリーとは?

ブログ

海外からのゲストの中で多いのが、グルテンフリーの食生活を実践している方です。
ヴィーガン/ベジタリアンなどの食事制限は前回コチラの記事でご紹介しましたが、今回はグルテンフリーの知識を深めていきましょう。

銀座エリアのグルテンフリー対応レストラン
渋谷エリアのグルテンフリー対応レストラン

グルテンフリーとは?

グルテンとは、小麦粉に含まれているたんぱく質のことです。
このグルテンを避ける生活を行うことが、グルテンフリーです。
ただ、食品だけでなく、化粧品やサプリメントなどに含まれている場合も多く、グルテンフリーは単にうどんやパン、パスタなどの小麦粉を使った食事を避ければOKというわけではありません。

ゲスト対応で気を付けたいこと

グルテンフリーの食生活を実践している人の多くは、以下のような理由が当てはまります。

セリアック病・アレルギー

小麦を使った料理が多い欧米ですが、最近ではグルテンを摂ることで体調を崩す方が増えているようです。セリアック病とは、グルテンに対する免疫反応が引き金となって起こる自己免疫疾患です。
この場合、徹底的にグルテンを避けなくてはいけません。
小麦アレルギーをお持ちの方もそうですが、食品だけでなく、化粧品やせっけんなど、グルテン由来のものが含まれていないかを注意深く見る必要があります。

小麦粉が身体に合わない

グルテンを摂ることで、重症にはならないけれど、なんとなく調子が崩れる、という方は多くいます。
なかなか自覚症状がないことも多いですが、この場合、小麦を摂取した後、頭痛やめまい、気分の変調、下痢・便秘、発疹などの症状が続きます。
そのため、小麦粉の摂取を控えるために、グルテンフリーを実践している人も多いようです。

健康維持

グルテンを含む小麦粉を使った食品は、パンやケーキなど油や砂糖を多く使う食品が多く、また、食欲を増進する効果や、依存につながる作用があるともいわれています。そのため、ダイエット目的でグルテンフリーを実践する人も増えています。

避けるべき食品

パスタやパン類、うどん、グラノーラやラーメンなどは避けるべき食品です。
外国人に人気のお好み焼きも、グルテンは含まれています。肉まんや餃子、コロッケやてんぷらなどの揚げ物、ハンバーグやつくね、カレーやシチューも避け、また唐揚げなども注意が必要です。
ケーキやパイなどの洋菓子はもちろん、和菓子にも意外とグルテンは含まれていて、例えばお饅頭、せんべい、たい焼き、どら焼き、かりんとうなどが挙げられます。

また、少し注意が必要なのは、醤油。刺し身や寿司などでよく使う醤油も、グルテンが含まれている場合があります。ケチャップやマヨネーズ、ソースでさえ小麦粉が使われている場合もありますので、原材料を必ず確認し、慎重に選びましょう。ゲストを連れてレストランに入ったら、まず注文する前にグルテンフリーかどうか確認をすると安心でしょう。

グルテンフリーの日本食

これだけ見ると、グルテンフリーだとおいしい日本食が全然楽しめないのではないか?と思いますよね。しかし、ご安心ください。グルテンフリーでもおいしく食事は楽しめます。
例えば、ごはんもの。おにぎりや海鮮丼、親子丼や牛丼(醤油などの調味料がグルテンフリーかは確認する必要あり)、またオムライスなどがあります。
麺類を食べたくなったら、お蕎麦(十割)やフォーなどがおすすめです。
和菓子だと、大福やおはぎ、団子やあんみつ、おかきなどは食べられます。

都内のグルテンフリー対応レストラン

都内でグルテンフリー対応のレストランに外国人ゲストを連れていけると、あれこれ悩まず安心です。
以下の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

銀座エリアのグルテンフリー対応レストラン10選
外国人ゲストの中でも、グルテンフリー対応の食事を希望する方は多くいらっしゃいます。美食家が集まる街、銀座エリアで見つけたグルテンフリー対応レストランをご紹介します。
渋谷エリアのグルテンフリー対応レストラン10選
急なゲスト対応にも安心!渋谷エリアのおいしいグルテンフリー対応レストランをご紹介します。

ヴィーガン/ベジタリアン/ペスカタリアンについて

そのほかにも、ヴィーガン/ベジタリアン/ペスカタリアンの対応についても書いています。

通訳案内士のゲスト対応:ヴィーガン/ベジタリアン/ペスカタリアンとは?
通訳案内士がゲストをご案内する際、よく直面するのがゲストの食事制限です。その中でも、ヴィーガンやベジタリアン、ペスカタリアンの方が多くなっています。アレルギーや宗教的な理由で制限されている方以外にも、健康のため、環境保全、動物保護など、ヴィーガンの食事を選ぶ動機は様々です。 ということで今回は、意外と知られていないヴィーガン、ベジタリアン、そしてペスカタリアンについての理解を深めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました