ガイド資料デジタル化のすすめ

通訳ガイドスキルアップ

通訳案内士/通訳ガイドとして時間のある今、ぜひ進めておきたいのは、ツアー中に使用するビジュアルエイド整備です。デジタル化も今では必須です。パワーポイントなどを使って項目別にプレゼンテーションの準備をしておけば、様々な使い方ができます。
今回は、デジタル化のメリットやポイントを分かりやすくまとめました。

【ガイドライター】
長谷川 とし子(はせがわ としこ)
——————
2008年英語全国通訳案内士資格取得。FITを中心に東京近郊をガイド。昨秋はGo To トラベルを利用して京都、長崎、日光、高野山、大相撲などインバウンドに人気の場所を下見。ステイホームで趣味がオンライン筋トレに!YouTubeやZoom見ながらバランスボールに乗っています。

ビジュアルエイド(ガイド資料)の種類は2つ

1.お客様に差し上げるもの

お客様に差し上げる資料として、あらかじめ観光案内所などで地図や小冊子を入手し当日お渡しする方も多いと思いと思いますが、自作の手書き観光地マップや歴史年表などをお渡しすることもおすすめです。自分で作成することによって、必要な説明したい情報だけが載っている分かりやすい資料を作ることができます。当日は紙ベースで差し上げると手元ですぐに見ることができますが、自作のものはPⅮF化して必要に応じてゲストに送信すると、より親切です。

2.ツアー中にゲストに見せるもの

例えば皇居をご案内するときに、パレスはあるの?誰が住んでいるの?などのゲストからの質問に、長々と説明するよりは写真の力を借りれば、ゲストの理解も早いうえに会話も弾みます。皇族や皇居宮殿の写真、江戸城の浮世絵など、目で見て分かりやすい資料を用意しましょう。
分厚いファイルを持ち歩いているガイドさんもいますが、タブレットやスマートフォンならはるかに多くの写真やビデオまで保管し持ち歩けます。さらに、移動中の車内やコーヒーブレイク中に写真をみせながら話をすれば盛り上がります。

▼ビジュアルエイドを使用してガイドをした際にゲストからいただいた口コミの一部です。
She provided many insights throughout the tour and used printed out maps and pictures to help us better understand Tokyo.

デジタル化のメリット

資料をデジタル化するメリットは主に2つあります。

1.軽量化

デジタル化するメリットとして1番にあげられるのが軽量化です。
1DAYツアーの場合など、あれもこれもと資料が多くなり、重く分厚いファイルを持ち歩くのは大変だと感じませんか?デジタル化すると、分厚いファイルがスマートフォンやタブレット1つで管理ができます。資料作りが苦手な方は、今まで紙で使っていた資料を写真に撮って持ち歩くだけでも十分です。

2.様々なガイディング場面で使用できる

デジタル化したプレゼンテーション資料は、バスツアーのロングドライブ中やバーチャルツアーのガイディングなどに活用できます。

大型バスなどを使用した団体ツアーは非接触型がしばらくはスタンダードになると言われています。そうなるとバス車内で資料やグッズなどを回して見ていただくことは好ましくありません。もうすでに多くのガイドさんが取り入れているのが、自分のパソコンやスマホ,タブレット画面をバスのTV画面に映しゲストに見てもらいながらガイディングすることです。パソコンやスマホ,タブレット画面をテレビに映すことをミラーリングと言います。キャストという機器を接続すればできます。デジタルプレゼンテーションの準備ができていれば、あとは接続するだけです。

また、最近注目されているバーチャルツアーでもデジタル資料は活用できます。すべてをライブで行うのはIT環境や時差もありハードルが高いですが、プレゼンテーション型に作成した資料を利用すれば、高い技術もいらないので自宅からいつでもオンラインでツアーを実施できます。

(動画学習)ノウハウ全共有します!ツアー・コンテンツ造成研修【基礎講義編】
研修から学べること ・旅行商品とは何か ・旅行商品を作って売る流れ ・旅行商品を創るポイント (様々な会社の...

デジタル資料の作り方

観光地が空いている今、写真やビデオを撮影しましょう。著作権もあるので自分で撮影することをおすすめします。パワーポイントなどで作る必要はなく、写真や動画だけでも立派なデジタル資料です。トピックは場所以外にも、料理やおすすめのお土産などもゲストに喜ばれます。今年のお正月、筆者はおせち料理やお雑煮の写真を撮って日本のお正月についての資料を作成しました。余裕があれば、項目別にパワーポイントなどにまとめ、ガイディングスクリプトもガイドする言語で準備しましょう。

ITが苦手なガイドさんもいるかと思いますが、時間のある今が絶好の機会です。デジタル化にぜひ挑戦してみましょう。困ったことがあれば、JapanWonderGuide会員ガイドのFacebookグループなどで相談してみてもいいかもしれません。

入会のご案内
※2020年度はもうすぐ終了します。2021年度のお申し込みは上記からお願いします...

コメント

タイトルとURLをコピーしました