映画で英語力を上げる方法&英語学習向けおすすめ洋画

ブログ

新しい年が始まりました。
新年の抱負は、英語のスキルアップを目指すという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、映画を使って、楽しく英語を上達させる方法をご紹介します。
生きた英語を学べる、おすすめの映画もご紹介していきますよ。

何度も観た映画を英語字幕で観る

何度も観て、セリフも覚えてしまっているような映画があれば、まずその映画を英語字幕で観てみましょう。初めて観る映画よりも、すんなり英語を理解することができるでしょう。
英語を耳で聞き、同時に字幕の文字を追うことで、リスニング力とリーディング力の両方を鍛えることができます。

英語字幕に自信がないうちは日本語字幕で

英語字幕に慣れず、なかなか追いつけないうちは、日本語字幕で観ます。そのあと、英語字幕でもう一度観てみましょう。聞き取りにくかったところ、分かりにくかったところは一旦止めて、巻き戻してもう一度見直します。
日本語字幕で観るときでも、あまり字幕に気を取られすぎず、あくまで音声の補助として読むようにしましょう。英語に意識を傾けつつ、分かりにくかったところを字幕で確認するイメージです。

使えそうなフレーズをメモする

素敵だと思ったフレーズや、日常生活の中で使えそうな洒落たフレーズを見つけたら、すぐにメモを取りましょう。おすすめは、スマホに入っているメモ機能です。ささっとメモして、ネイティブ並みの言い回しがさらっと出てくるくらい、ボキャブラリーを増やしていきましょう!

口に出してみる

メモしたフレーズを、後で声に出して読み返します。また、映画鑑賞中にシャドーイングをしてみるのも有効です。
聞いて、読んで、発音してみる。映画鑑賞だけで、英語学習に必要なエッセンスが揃ってしまうんです!

※シャドーイング:英語を聴きながら真似して発音すること。聴き終えてから繰り返すのではなく、聴こえた音声をすぐ追うようにして繰り返す練習方法です。

いろいろな英語に慣れる

日本では、アメリカ英語を学ぶ人が多いですが、英語と一括りにしても、違いはあります。
イギリス英語、オーストラリア英語、ヨーロッパ訛りの英語など、映画を通して様々な英語に触れてみましょう。
使われている単語やフレーズなど、それぞれの違いを見つけるのも面白いですよ。

おすすめの映画

聴き取りやすい英語が多く使われている、英語学習にぴったりの洋画をご紹介します。
基本的に好きな作品を選べばよいですが、英語学習を目的として映画を選ぶときは、現代を舞台にしたものを選んだ方が、「今」使える英語を学ぶことができるのでおすすめです。

アメリカ映画

仕事に使えるフレーズを学ぶことができるのは、『プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート(The Wolf of Wall Street)』です。ドラマでは、『SUITS』もおすすめ。
聴き取りやすい英語なので、リスニングも比較的簡単です。
難しい専門用語も出てきますが、これを機会に語彙を増やしていきましょう。
かっこいいフレーズをものにして、海外との会議やメールのやりとりで、活かせるといいですね!

また、初心者向けにはディズニー映画がおすすめです。
スラングもあまりなく、はっきりとした発音、綺麗な英語で大変分かりやすいです。
ジブリ映画が好きな人は、好きなジブリ作品を英語で観てみるのも、楽しいですよ!

余談ですが、アメリカ英語と広く言っても、アメリカ国内でアクセントの違いがあります。
ニューヨークを舞台にした『プラダを着た悪魔』と、アメリカ南部を舞台にした『ヘルプ(The Help)』を観ると、その違いは明らかです。
いろいろなアメリカ映画を観て、様々なアクセントを楽しみましょう!

イギリス映画

『ブリジット・ジョーンズの日記(Bridget Jones’s Diary)』、『ラブ・アクチュアリー(Love Actually)』、『英国王のスピーチ(The King’s Speech)』がおすすめです。
『英国王のスピーチ』では、吃音が原因で上手くスピーチができない英国王が、自身の苦手を克服していく姿を描いていますが、その姿に英語学習者も勇気をもらえるはず!
また、イギリス英語だけでなく、オーストラリア英語も聴くことができます。

慣れてきたら、ドラマの『SHERLOCK(シャーロック)』に挑戦してみませんか?
こちらは上級者レベルで、少し言い回しが難しいですが、イギリスらしいユーモアがたっぷり詰まっています。

そのほかにも、『ハリー・ポッター』シリーズでも、イギリス英語を学ぶことができます。
テレビでよく放映されているため、日本語で観たことがある人が多いかもしれませんが、ぜひ一度はオリジナルの英語で観てみてください。また違った雰囲気で楽しめるはずですよ。

『ホリデイ(The Holiday)』という映画では、傷心するアメリカ・ロサンゼルスに住む女性と、イギリス・サリーに住む女性が休暇中に家を交換するストーリーで、アメリカ英語とイギリス英語を一度に学ぶことができます。

英語学習者向け記事

いかがでしたか?
映画をたくさん観て、英語の豊かな表現を増やしていきましょう!

JapanWonderGuideのブログでは、英語学習に役立つ記事を様々書いています。
ぜひ、その他の記事もご覧ください!

英語がうまくなりたい人必見!レベル別おすすめ洋書10選
参考書片手に黙々と勉強することも大切ですが、せっかく勉強するなら、英語を「使って」みませんか?洋書の多読は、楽しいだけ...
自宅で英会話!家にいながら外国人と交流する方法
英語をあまり使えないために、語学力が落ちてしまうのは不安!という方のために、自宅で気軽に外国人と交流できる方法をご紹介します。
英語でどう説明する?神社のお参りの仕方
日本全国には、8万8千以上の神社があると言われています。日本人にとって、神社はとても身近なものですよね。外国人観光客や...

コメント

タイトルとURLをコピーしました