レビューをもらうための7つの秘訣

街人道

ガイドさんをアサインする旅行会社にとって、レビューはガイドさんの信頼性やどんなツアーをしているのか分かるとても大事な指標です。
“レビューを頼むなんて恥ずかしい”と思うガイドさんもいるかと思いますが、実際にレビューをもらえるととても嬉しくて、自分の中に宝物が増えていく気持ちになります。
また、自分のガイドスキルアップにも繋がりますし、ゲストの生の声にはたくさんの気づきが詰まっています。

この記事では、レビュー率の高いガイドさんに聞いた7つの秘訣をご紹介します。

ゲストとの距離を縮める

ゲストとの距離が縮まらないことには、レビューは書いてもらえません。
ツアー中にゲストの名前を呼んでいますか?
ガイドさんも名前を呼んでもらっていますか?
「〇〇さん、みてみて!」「◯◯さんはどう思う?」
You で呼ぶのは簡単ですが、少し意識して名前に変換していきましょう。

名前を呼ぶのは基本中の基本。
覚えて呼んでもらったら誰だって嬉しいですよね。
1対1の関わりをたくさんして心の距離を縮めるのがポイントです。

1日のツアーに特別感を演出

ガイドのお仕事をしていると、ゲストに人気のハイライトコースを周ることが多いですよね。
他のツーリストが周るコースでもいかに特別感を演出するかが鍵を握ります。
「今までガイドのお仕事をしてきたけど、こんなに周れたのは初めてだよ!」
「これが見られたのは本当にラッキーだね!」など今日だけ、あなただけ、のツアーの特別感を演出しましょう。
自分たちのためにこんなにベストを尽くしてくれたんだ!と思ってもらえると、レビューを書きたい気持ちも強まります。

ツアー終わりにプチプレゼントを渡す

1日ありがとうの気持ちを込めてプチプレゼントを渡しているガイドさんはとても多いです。

・折り鶴
・ご当地味のキットカット
・のど飴
・メッセージ付きカイロ(冬場)  など

中でも、メッセージ付きのプレゼントはツアー後もガイドさんを思い出せる、心温まるお土産になりそうですね。

チェキを撮ってメッセージを書く

その場で撮って出てくるチェキ(インスタントカメラ)は、まさにアミューズメント感覚。
撮ってメッセージを書いてプレゼントをすると、とても喜ばれます。
スマホでのデジタル撮影が主流な今だからこそ、アナログを楽しむのもいいかもしれません。

もし、お家で眠っているチェキがあればぜひご活用ください。

ツアー中にさりげなくビデオを撮っておく

iphoneを使っている人なら必ず入っているアプリ【Clips】を使うと簡単に動画編集できるのはご存知でしょうか?
ゲストの写真を撮るふりをして 【Clips】 内に動画を撮り貯めていくことができます。

動画編集の仕方もとても簡単なので、ツアー後に「実は今日のツアーを簡単な動画にまとめたよ!」と見せるとプチサプライズになります。
写真もいいですが、動画で旅の思い出を振り返るのもいいですよね。

あくまでも、ささっと行うのがコツ。ツアー中の携帯の触りすぎには要注意です。

QRコードを準備

せっかくゲストがレビューを書く気になっても、どこに書けばいいか分からなければ意味がありません。

今は、QRコードを簡単に無料作成できるサイトがたくさんあります。レビューを書いてほしいサイトのQRコードを作ってツアー終わりに読み取ってもらうと簡単です。
カメラ機能ですぐに読み取れるQRコードはとても便利なので、ぜひご活用ください。

ツアーの最後にもうひと押し

「◯◯さんのレビューがパワーになるからぜひ書いてね!」と、“今後もこのガイドさんに頑張って欲しいな”と思ってもらえるようにツアーの最後にもうひと押ししましょう。
【終わりよければすべて良し】という言葉があるように、ツアーの終わりの印象は1日のツアー全体のイメージに繋がります。

ぜひ笑顔いっぱいにレビューのお願いと1日の感謝を伝えましょう。


レビューをたくさんもらえるようになると、必然的にお仕事の量も増えていきます。
ぜひ上記7つのうち自分でできるところから実践し、レビューの宝物を貯めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました