街人(ガイド)道#003 ゲストの前では常に●●●●たれ!

街人道

前回はFriendly & Smileyという、コミュニケーションの基礎について書きました。
それはとても大事ですが、それだけでは、ただのいい人です。
その上で信頼を勝ち取るためにどういった考え方が必要でしょうか。今回はその辺について書いてみます。

“ゲストの前では常に●●●●たれ!”

日本

ガイドは、ゲストの求めるものを超えて、感動してもらわねばなりません。
ゲストと一緒にいる時間、彼らからはその場所の事だけでなく、日本に関する様々な質問が飛んできます。

  • 東京の人口はどれくらい?その中の高齢者は??
  • 都心の車の保有率は?
  • この魚はなに??どうやって食べるの?

等、雑談の中でわからないことがあれば、ガンガン質問してくる人もいます。

そんな時に私が心がけていることは、”ガイドは日本代表たれ!”ということです。

ゲストに対して我々がしゃべる内容は、彼らの中では日本人の考えそのものです。
つまり、日本代表としての意見を聞かれているのと一緒なのです。
そう思うと、普段から意識を高く持って幅広く勉強し続けねばいけないですね。

回答に困った時はどうする??

でも、人間は万能ではありません。
特に私は雑学博士でもないので、全く分からない質問も多いのです。

そんな時に私は、以下の方法で解決します。

  1. 人に聞く、
  2. ネットで調べる

です!

DSC_0050

そんな当たり前の事を書くな、とおっしゃる声が聞こえてきそうですが、大事なことだと考えます。
特に人に聞くことはとても有用です。

例えばお店なら、自分の知識には限度がありますので、プロに聞くのが一番。
魚にしても、野菜にしても、意外と知っていると思っていても聞かれるとわからないことって多いんですね。
ゲストも日本の店の人とのコミュニケーションを求めています。
仕事の邪魔にならない程度に積極的に話しかけてみましょう。
うまく店の人がいなかったり、それでも答えがわからない時には、どうするか。
上にも書きましたが、携帯ですぐ調べます。
便利な世の中になったもので、たいがいの事はネットに載っています。
そこでも答えが出なかった時には、後で調べてmailするようにしています。
(ネットの情報もそのまま鵜呑みにすると、結構ウソもあるので要注意です!)

日本代表として、胸を張って答えられる内容が増えていくと、自信になりますね。
コチラの自信はゲストにも伝わり、信頼に変わっていくと考えます。
(いくら自信があっても上から目線はNG笑。あくまでベースはFriendly & Smileyですよ。
日本人とのコミュニケーションも全く同じですよね。)

ゲストの信頼を勝ち取るため、日々勉強です。
頑張りましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました