東京駅周辺のヴィーガン/ベジタリアン向けレストラン10選

未分類

その他、都内のヴィーガン/ベジタリアン向けレストランはこちらから。

通訳案内士のゲスト対応:ヴィーガン/ベジタリアン/ペスカタリアンとは?
通訳案内士がゲストをご案内する際、よく直面するのがゲストの食事制限です。その中でも、ヴィーガンやベジタリアン、ペスカタリアンの方が多くなっています。アレルギーや宗教的な理由で制限されている方以外にも、健康のため、環境保全、動物保護など、ヴィーガンの食事を選ぶ動機は様々です。 ということで今回は、意外と知られていないヴィーガン、ベジタリアン、そしてペスカタリアンについての理解を深めていきましょう。

-和食-

ソライロニッポン

東京駅の八重洲地下街にある、ヴィーガン対応のラーメンを食べることができるお店。ヴィーガンベジソバは、ラーメンの具では珍しいさつまいもやレンコンなどの根菜を使っており、パスタのような濃厚スープが大人気です。
他にも、ヴィーガン醤油やヴィーガン担々麵など、ヴィーガン/ベジタリアン向けのラーメンが数種類から選べます。グルテンフリー対応のラーメンもあり、食事に制限がある方でも気軽に楽しめるので、東京でラーメンが食べたくなったら、ぜひここへ。

営業時間 8:30~23:00(L.O22:30)
定休日 無休

ムスムス

日本各地の個人生産者から取り寄せた、旬のオーガニック野菜を使った料理を提供してくれるお店。ランチのセットには、蒸しごはんセットや旬野菜のせいろ蒸しセット、サラダセットなどがあります。素材の味を活かしたシンプルなごはんが体にしみる、優しいランチがいただけます。

営業時間 平日11:00~28:00、日曜祝日11:00~23:00 
定休日 不定休(新丸ビルに準ずる)

T’s たんたん

動物性食材を使っていないとは思えないほど、コクと旨みのある担々麵が人気のお店。 担々麵は、ひき肉の代わりにソイミートを使っています。 スープを飲み干せてしまえるほどヘルシーなラーメンは、老若男女問わずおすすめです。とんこつ風のベジラーメンもあり、とんこつにありがちな脂っぽさがなく、さっぱりと食べられてしまいます。

営業時間 7:00~23:00(L.O22:30)
定休日 年中無休

帰農庵時代おくれ

旬の野菜を使った創作日本料理のお店で、店内は明治後期をイメージしてつくられた、木のぬくもり溢れる和の雰囲気。ランチは彩りのよいサラダと小鉢、十穀米のセットなどがあり、いずれもヴィーガン/ベジタリアン対応可能なので、出かける際は事前にお店にお知らせした方が良いでしょう。
囲炉裏風の席もあり、ゆっくり時間を過ごしたい時に訪れたいところです。

営業時間 ランチ11:00~14:00(L.O13:30)、ディナー17:00~22:30(L.O22:00)土曜日はディナーのみ営業17:00~22:30(L.O22:00)
定休日 日曜、祝日

-メキシカン-

フリホーレス

自分でカスタマイズできるブリトーが人気の、メキシカンのお店。
メインのトッピングをお肉などから選べますが、ベジタリアンを選ぶと、お肉の代わりにワカモレをはさんだブリトーをいただくことができます。
通常のトルティーヤは乳製品が入っているので注意が必要ですが、入っていないフラワートルティーヤに変えることもできるので、注文の際にヴィーガン/ベジタリアンである旨を伝えると安心です。

営業時間 月曜~金曜日11:00~22:00、土曜日11:00~18:00 (L.Oは閉店15分前)
定休日 日曜祝日

-サラダ-

グリーンブラザーズ

サラダボウル専門店。「ヴィーガンヴィーガン」は、ビーツや豆腐、ズッキーニ、トマトやニンジンなどがたっぷり入ったヴィーガン対応のサラダボウルです。自分の好きなようにカスタマイズすることができるので、好き嫌いが多い方にもおすすめ。外国を思わせるスタイリッシュな店内でいただきましょう。

営業時間 月曜~土曜日11:00~22:00(L.O21:30)
定休日 日曜祝日

シナグロ ORGANIC SALAD&CAFE

自社農場から届くオーガニック野菜をたっぷり使った料理がいただけるお店。
オーガニックレストランがもつ、高くておいしくないというイメージを変え、魅力を伝えたいという思いから、店名は「Organic」を逆転させた「Cinagro」にしたのだそうです。野菜のうまみたっぷりで、ボリューム満点の「オールベジー&ハーベストサラダ グリル野菜とカポナータ」がおすすめです。

-カフェごはん-

ウェルカムカフェ

ヘルシーなメニューが話題を呼び、女性に大人気のお店。
選べるサラダランチには、ライスまたはパン、スープとドリンクが付きます。ボリュームたっぷりの大きなサイズのサラダは、運ばれてきた際少し驚くほど。
おいしい野菜がたっぷり食べられる、満足度の高いランチです。

営業時間 月曜~金曜日11:00~21:00(L.O20:30)、土日祝日11:00~20:00(L.O19:30)
定休日 無休(コレド日本橋に準ずる)

-インド料理-

ダクシン

南インド料理のお店。北インド料理が肉食中心であるのに対し、南インド料理は菜食中心であることが特徴です。野菜たっぷりの辛口ベジカレーのベジタブル・マサラや、ほうれん草カレーなど、菜食中心のメニューがありますが、入店時にヴィーガン/ベジタリアンである旨を伝えるとスムーズでしょう。
スパイシーなメニューが多いので、辛いものが好きな人におすすめです。

営業時間 月曜~金曜日11:00~15:00(L.O14:30)、17:30~23:00(L.O22:00)、土日祝日11:00~15:00(L.O14:30)、17:30~22:00(L.O21:00)
定休日 無休

-イタリアン-

リストランテ・ヒロ・チェントロ

特別な日や、接待に多く使われているイタリアンのお店。
ヴィーガン対応可能なベジタリアンメニューを希望の場合は、予約時にお伝えしましょう。平日限定でパスタランチがあり、日替わりパスタと、自家製パン、ジェラート、食後の飲み物がつきます。ランチ、ディナー共にコースがあり、見た目も美しい料理を、東京の街を眺めながらいただきましょう。

営業時間 ランチ11:00~15:30(L.O14:00)、ディナー18:00~23:00(L.O21:00)
定休日 年中無休

JapanWonderGuideでガイドを目指しませんか?

JapanWonderGuide(JWG)は「日本のガイドの質を世界一に」をスローガンに掲げるガイドコミュニティです。2020年から活動を開始し、全国通訳案内士等を中心に、現在は、2,000名を超えるコミュニティとなっております。

JWGの有料会員(KNOTTER, ノッター)にご登録いただくと、月額1,000円(税込1,100円)で、ガイディングやビジネスに活きる知識・スキルが身につく研修動画、E-Learningが見放題!有料コンテンツを無料でご視聴いただけます。
そのほか、下見やツアー時の観光施設の優遇利用や、人気観光施設の最新情報や裏話をお届けするJWG Live!の見逃し配信、各研修の割引などをご利用いただけます。

さらに、KNOTTER/フリーメンバーともに研修やイベント情報など、ガイドに役立つ内容がたっぷり詰まったメルマガを月に2回お届けします。
また、ガイド仲間を見つけ、交流できるFacebookグループにもご招待!情報交換の場としてお使いください。

フリーメンバーKNOTTERKNOTTER+
料金無料月額1,000円
(税込1,100円)
11月加入:12,000円
(税込13,200円)
期間無期限毎月自動更新2023年8月31日まで
①Japan Wonder Travel
プラットフォーム利用
➁メンバー限定Facebookグループご招待
③メンバー向けメルマガ受信
④JWG Live!見逃し配信
⑤優待施設利用
⑥JWG主催研修割引
⑦通訳案内研修
(3,500円)
無料無料
⑧JWG動画配信有料無料無料
⑨通訳ガイド保険
会員種別・会費について

通訳ガイド保険がついたKNOTTER+では、資格の保有の有無に関わらず、通訳案内業務が補償の対象となり、安心してガイドのお仕事ができます。
インバウンド復活の兆しも少しずつ見えてきました。ぜひこの機会にご検討ください。

JWGでは、ガイドのスキルアップを目指す方や、ガイドに挑戦したい新人ガイドさんを応援します!

「学校の合間に」「週末だけ」でも大歓迎!
JapanWonderGuideと一緒に、ツアーガイドへの一歩を踏み出しませんか?

こちらの記事もどうぞ

そもそもヴィーガン/ベジタリアン/ペスカタリアンの違いとは?

通訳案内士のゲスト対応:ヴィーガン/ベジタリアン/ペスカタリアンとは?
通訳案内士がゲストをご案内する際、よく直面するのがゲストの食事制限です。その中でも、ヴィーガンやベジタリアン、ペスカタリアンの方が多くなっています。アレルギーや宗教的な理由で制限されている方以外にも、健康のため、環境保全、動物保護など、ヴィーガンの食事を選ぶ動機は様々です。 ということで今回は、意外と知られていないヴィーガン、ベジタリアン、そしてペスカタリアンについての理解を深めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました