英語で「七夕」どうやって説明する?

英語で日本文化を説明する

夏になるとイベントが沢山ありますが、その中でも「七夕」は日本人なら多くの方が小さい頃から馴染みのあるお祭りではないでしょうか。

色とりどりの短冊が竹に吊るされているのを見ると「夏がきた」と感じますよね。

今回は、そんな「七夕」をどうやって英語で説明するか、例文をまとめました。ポイントの単語やフレーズも載せたので、参考にして自由な表現を探してみてください。

この記事を書いているのは…】
由美ギルバート

日英ハーフながら英語が話せず、コンプレックスを抱え10代を過ごす。

ニュージーランド留学を経験し、その後外資企業に勤めTOEIC985点取得。

長野県白馬村でインバウンド系旅行会社に勤め、オーストラリア人の誘致に携わったのち、イギリスに渡り現地旅行会社で勤務。

現在はWebライターとして、英語に対する無類のパッションを共有すべく執筆活動しているアラフォー。

▶英語記事:

What is Tanabata? Japanese Traditional Star Festivals
July 7th is Tanabata, an annual event celebrated in Japan. Here we explain its history, sad story of two lovers, customs and the famous tanabata festivals!

「七夕」英語で何と言う?

それではまず「七夕」とは何かを説明する一例を紹介します。

Tanabata is an annual event that is celebrated on July 7th in Japan.

「七夕は年中行事で、7月7日にお祝いされます」

Although, in some areas, it is celebrated according to the old Japanese calendar which is in August.

「ただし、いくつかのエリアでは、日本の旧暦に従って8月に祝われます」

It’s based on the legend of Orihime and Hikoboshi and represents two stars, Vega and Altair.

「お祭りは織姫と彦星の伝説に基づいていて、ベガとアルタイルという二つの星を象徴しています」

覚えたい英単語
  • the annual event – 年中行事
  • according to – 〜に従って、〜に準じて
  • old calendar – 旧暦
  • based on – ~に基づいて
  • legend – 伝説
  • represent – 表す、意味する、象徴する

七夕の歴史を英語で説明

あまり知っている方は多くないかもしれませんが、歴史的背景も説明できれば喜ばれること間違いなし!それでは、例文を見ていきましょう。

Tanabata originated from a Chinese festival called Qixi, and it was Empress Koken who introduced the festival to Japan in 755. 

「七夕は中国の乞巧(きっこう)と呼ばれるお祭りがもとになっています。孝謙(こうけん)天皇によって755年に日本に伝わったお祭りです」

Qixi came from the worship of astrology, and the story is about two stars that are visible in the 7th month, Vega and Altair. 

「乞巧(きっこう)は星占術への崇敬がもとになっていて、7月に目にすることができる、ベガとアルタイルという二つの星の物語です」

The two stars came to symbolize a woman and a man.

「この二つの星は女性と男性を象徴するようになりました」

And the story, which is very similar to Chinese mythology, became a part of Japanese mythology. It developed into an emotional love story.

「そしてこの中国の神話にとてもよく似た物語は、日本の神話の一部となり、感傷的な恋物語へと発展しました」

覚えたい英単語
  • originated from – ~がもとになっている、~に由来する
  • introduce to – ~を紹介する、~を伝える
  • come to – ~に来る、~するようになる
  • symbolize (英: symbolise) – 象徴する
  • mythology – 神話
  • develop into – ~に発展する、~に進化する 

「織姫と彦星」を英語で説明

それでは続いて、「織姫と彦星」の物語の詳細を簡単に説明してみましょう。

Tanabata is the only day in the year where the two star-crossed lovers called Orihime and Hikoboshi, are able to meet each other.

「七夕は年に一度、不運な恋人たちである「織姫」と「彦星」と呼ばれる2人がお互いに会える日です」

Orihime, the daughter of the Universe, is a weaver who works very hard on the riverside of the Milky Way river. 

「宇宙の娘である織姫は「天の川」の川辺でまじめに働く織り手でした」

Her father arranges for her to meet a Hikoboshi from the other side of the river. He is a cowherd, and when they met they fell head over heels for each other. 

「彼女の父親は、川の向こう側で働く牛飼いの彦星と彼女を合わせるように取り計らいました。そして会った時にお互いすっかり惚れ込みました」

少し発音が難しい場合は無理せずthey fell in love with each other「お互い恋に落ちた」、もしくはthey fell madly in love with each other「お互いに熱烈に恋に落ちた、メロメロになった」という言い方もあります

They get married, and they are happy but they start to neglect their work. This angers the Universe, and he splits up the couple on different sides of the Milky Way and forbids them to meet.

「2人は結婚して幸せでしたが、仕事をおろそかにするようになりました。この事に宇宙が怒り、このカップルを天の川の反対側へと離れ離れにし、会うことを禁じました」

He allows them to meet once a year on July 7th, after they finish their work.

「彼は1年に一回7月7日に、2人が仕事を終えてから会うことを許しました」

覚えたい英単語
  • star-crossed – 星回の悪い、不運な
  • meet each other – お互いに会う
  • universe – 宇宙、世界
  • Milky Way – 天の川
  • riverside – 川辺
  • arrange for (her/him/them) to meet (someone) – (彼女、彼、彼ら)が(誰か)と会うように取り計らう
  • fall head over heels – すっかり惚れる
  • split up – 離れ離れにする、別れる
  • neglect – おろそかにする、怠る
  • allow – 許可する

「短冊」は英語で何と言う?

竹に吊るされたカラフルな細長い紙が象徴的な短冊。英語で説明してみましょう。

The most common decoration for Tanabata is the colored(英:coloured) paper strips, with handwritten wishes on them, called Tanzaku (短冊). 

「最も一般的な七夕の飾りは「短冊」と呼ばれる手書きで願いごとが書かれた、カラフルな細長い紙です」

Many kids (and some adults) write down their wishes on Tanzaku strips and then hang them on bamboo branches on the evening of July 7, hoping for their wishes to come true.

「沢山の子供たち(大人も)短冊の細長い紙に願いごとを書き、叶うことを期待して、7月7日の夜に竹の枝に吊るします。」

覚えたい英単語
  • the most common – 最も一般的な
  • paper strips – 細長い紙切れ
  • handwritten – 手書きの
  • wish(es) – 願いごと
  • write down – 書き留める
  • Tanzaku strip(s) – 短冊の細長い紙
  • bamboo branch(es) – 竹の枝
  • Hoping for the wish to come true. – 願いが叶うと期待して 

まとめ

今回は七夕の英語の説明方法をまとめました。こうやって歴史的背景を含めて説明できると、自身もふくめてお祭りへの興味や有難みも一層深まりますよね。
今年の七夕はぜひ外国人のご友人にお祭りの事を説明してあげてください!

あわせて読みたい

英語を活かして外国人ゲストをおもてなし!

  • 日本の魅力を外国人に紹介したい
  • 英語や語学を活かした仕事がしたい
  • 人を喜ばせることが好き

そんな方にぴったりな仕事が通訳案内士やツアーガイドのお仕事です。

通訳案内士(ツアーガイド)は、一緒に街を歩いて、地域の歴史や文化をお話しながら、外国人ゲスト一人一人の旅が素敵なものになるようお手伝いします。
ガイドの印象によって、日本の印象が決まると言っても過言ではありません。
人を楽しませることが好きで、日本の魅力を世界に伝えたい!という情熱をお持ちの方は、ツアーガイドを目指しませんか?

JapanWonderGuide(JWG)は「日本のガイドの質を世界一に」をスローガンに掲げるガイドコミュニティです。2020年から活動を開始し、全国通訳案内士等を中心に、現在は、2,000名を超えるコミュニティとなっております。

JWGの有料会員(KNOTTER, ノッター)にご登録いただくと、月額1,000円(税込1,100円)で、ガイディングやビジネスに活きる知識・スキルが身につく研修動画、E-Learningが見放題!有料コンテンツを無料でご視聴いただけます。
そのほか、下見やツアー時の観光施設の優遇利用や、人気観光施設の最新情報や裏話をお届けするJWG Live!の見逃し配信、各研修の割引などをご利用いただけます。

さらに、有料、無料会員様ともに研修やイベント情報など、ガイドに役立つ内容がたっぷり詰まったメルマガを月に2回お届けします。
また、ガイド仲間を見つけ、交流できるFacebookグループにもご招待!情報交換の場としてお使いください。

フリーメンバーKNOTTERKNOTTER+
料金無料月額1,000円
(税込1,100円)
年間14,000円
(税込15,400円)
期間無期限毎月自動更新2023年8月31日まで
①Japan Wonder Travel
プラットフォーム利用
➁メンバー限定Facebookグループご招待
③メンバー向けメルマガ受信
④JWG Live!見逃し配信
⑤優待施設利用
⑥JWG主催研修割引
⑦通訳案内研修
(3,500円)
無料無料
⑧JWG動画配信有料無料無料
⑨通訳ガイド保険
会員種別・会費について


JWGでは、ガイドのスキルアップを目指す方や、ガイドに挑戦したい新人ガイドさんを応援します!

「学校の合間に」「週末だけ」
JapanWonderGuideと一緒に、ツアーガイドへの一歩を踏み出しませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました