大阪のヴィーガン/ベジタリアン向けレストラン5選

大阪

近年、よく耳にするようになった「ヴィーガン」。
日本ではまだまだ馴染みが少ない言葉ですが、海外ではライフスタイルのひとつとして脚光を浴びています。
ツアー中に突然「私、ヴィーガンなんだけど・・」と言われても焦らないために、通訳案内士/通訳ガイドさんにおすすめする大阪(梅田、心斎橋近辺)のヴィーガンレストランをご紹介します。

京都のヴィーガン/ベジタリアン向けレストラン15選
京都の観光地周辺のヴィーガン/ベジタリアン向けレストランをご紹介します。

ヴィーガンって?ベジタリアンとの違いは?

ヴィーガン (Vegan)とは、ベジタリアン(菜食主義者)の一類型です。
ベジタリアンは、健康、倫理、宗教等の理由から卵や乳製品を含む動物性食品を避ける食生活を実践している人のことを指します。
一方でヴィーガンは、肉、魚、卵、乳製品、ハチミツなど、動物や昆虫が関与しているものも一切食べないベジタリアン(完全菜食主義者)です。

日本においては、まだあまり知られていないかもしれませんが、海外では「Vegan」は健康、美容だけでなく、メンタルのセルフメンテナンスのために取り入れられてきています。
特に、先進諸国では「地球を守る」という意識から、自然生態系を破壊するもととなる動物性食品を避けるライフスタイルが脚光を浴びています。
中には食べ物だけでなく、革製品や毛皮製品など動物由来の製品や、動物実験により検査された化粧品や医薬品なども避ける人もいます。

このように、「Vegan」は人々の消費行動をも変える考え方としても注目されており、企業、保護団体等からも支持されてきています。
その他、ヒンドゥー教やジャイナ教等の宗教でも完全菜食主義をとっています。

色々あるベジタリアン

「ベジタリアン」と言っても、実は色々な種類があり、個々の食生活スタイルによって食べられるものが変わってきます。

Vegan: 肉、卵、乳製品、魚介類はもちろん、動物由来の成分を含む調味料や着色料、場合によっては蜂蜜なども避けます。食品だけでなく、動物由来の製品、化粧品等を避けることもあります。

Lacto-ovo-vegetarian (ラクト・オボ・ベジタリアン):肉、魚介類、虫といったものは避けますが、卵や乳製品は食べます。 lacto は「乳」、ovo は「卵」を表すラテン語からきています。 lacto-vegetarian は乳製品を食べるベジタリアン、ovo-vegetarian は卵を食べるベジタリアン、lacto-ovo-vegetarian で乳製品と卵の両方を食べるベジタリアンです。

Pescetarian(ペスカトリアン):魚介類は食べるタイプのベジタリアンです。基本的に肉は避けますが、卵や乳製品に加えて魚介類を食べます。

蜂蜜野菜果物
Vegan×××××
Vegetarian××××
Lacto-vegetarian×××
Ovo-vegetarian×××
Lacto-ovo-vegetarian××
Pescetarian×

ベジタリアンとヴィーガンの違いは理解できましたか?
日本の和食も野菜中心なので、ベジタリアンでも食べることができると思いがちですが、日本の和食にとって不可欠な出汁が「お魚」からとっている場合もあるので要注意です。
出汁が「昆布出汁」であれば問題ないですし、逆に、ゲストが「ペスカトリアン」だったら、魚出汁でも大丈夫ですね。

大事なのは、まずゲストにどんなタイプのベジタリアンなのか、何が食べられるのか、確認することです。
下記のお店は全て「ヴィーガン」(完全菜食主義者)対応可能なお店ですので、どんなベジタリアンでも安心してお連れすることができます。

おすすめヴィーガンレストラン 

① Green Earth

人と地球の健康を考えるをモットーにしている「Green Earth」。
すべてのお料理が、魚、肉類、卵、乳製品を一切使っていない「ヴィーガン」向けです。
ドレッシング、ソースにもこだわっており、植物性の素材からすべて手作りされています。もちろん、化学調味料は一切使っておりません。

おすすめは日替わりランチ。お値段は、メイン、お惣菜、スープの3点セットで(税込850円)です。
その他、サンドウィッチ、カレー、ピザ、パスタ等のレギュラーメニューも充実しています。レギュラーメニューに限ってですが、五葷抜きも対応可能。中国系のベジタリアンの方でもお連れできますね。 
※五葷(ごくん):いわゆる精のつく野菜。にんにく、ねぎ、にら、玉ねぎ、らっきょうのこと。

毎週金曜日のみとなりますが、「Vegetarian Day!」 と称して、Dinner を営業しています。
ランチとは一味違った、ユニークなお料理が並びます。
こちらのお店は、Vegan&ベジタリアンだけでなく、アレルギーでお悩みの方、野菜不足、特にダイエット中の方におすすめです。

Green Earth
【営業時間】 月~木・土 11:30-17:00
       金 (昼) 11:30-15:00 (夜) 18:00-22:00
【定休日】 日・祝日(パーティーはOK)
【電話番号】 06-6251-1245

② 菜食インドレストラン Shama

インド人によるボリューミーで美味しい「菜食インドレストラン Shama」。
肉・魚・卵・五葷・カフェイン・アルコール不使用のラクトベジタリアンレストランです。もちろん、ヴィーガン向けのメニューも充実しています。
お店の人気No.1メニューは、ナマステランチ。
5種類のカレーから2種類選ぶのが本当に大変。究極の選択だそうです。

さらに、グルテンフリーのお客様向けにベトナムのフォー(米粉麺)を使ってグルテンフリー&ヴィーガンのカレーフォーヌードルも提供しています。
ベトナムとインド、不思議な取り合わせですが、麺の歯ごたえとカレースープのマッチングが絶妙!!と、評判の一品です。
その他、アラカルトメニューのスープやサラダの種類も充実しており、ベジタリアンやヴィーガンの方をあきさせないお店です。
インドからのゲストにもぜひおすすめしたいですね。

菜食インドレストラン Shama
【営業時間】ランチ 11:00-15:00
      ディナー 17:00-22:00
【定休日】祝日を除く月曜日
【電話番号】06-6536-6669

③ cocowell cafe

お次は、ちょっと変わった植物を使っているお店をご紹介します。
ココナッツ専門店が経営するカフェ「cocowell cafe」。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ココナッツは農薬いらず、果肉も皮も樹木も全て捨てずに利用できる、地球にとっても優しい植物なのです。

カフェでは、上質のココナッツ原料を贅沢に使ったココナッツオイルやココナッツファイバーを使用して糖質を抑えたお料理の他、低GIのココナッツシュガーを使用したスイーツを提供。
また、ココナッツ以外のお野菜やお肉などの素材も可能な限り自然栽培・有機にこだわり、ココナッツと素材をうまく調和させたヘルシーメニューが人気の秘密です。

cocowell代表取締役 水井さんは、学生時代にフィリピンへ留学。
貧困問題に直面し、どうにかできないだろうかと考えた結果、ココナッツ専門店を立ち上げたそうです。
フィリピンの貧しい農家から買ったココナッツで、製品を作り、ダイエットやアレルギーで悩んでいる人にお届けする。この流れを継続的に行うことで、地球破壊、貧困、健康の3つの問題が解決できると考えられたそうです。
地球にも人にも優しい植物を使って、高品質な商品を製造提供することによって、人々を救いたい。このような企業理念は「ヴィーガン」の方にも通じるものがあるかもしれませんね。

cocowell cafe
【営業時間】11:30-19:00
【定休日】水曜日
【電話】06-6531-5572

④ mumokuteki cafe 大阪店

「生きるをつくること」を大切にしている企業がプロデュースするカフェ「mumokuteki cafe 大阪店」。
人が生きる上で大切な食べることに、きちんと向き合い、自然の味わいそのままに美味しく調理したお料理を提供してくれます。安心と感動を一度に味わえるお店です。

体や環境にいい食物を提供することは、土の匂いや作り手の想い、人の繋がりを未来へ伝える大切な役目といえます。
その役目を果たすべく、お料理を口にしてくださる皆さんひとりひとりの健康と安全を考えたメニューを追求した結果、「動物性不使用」という一つの答えにたどり着いたそうです。

京都、東京にも系列店(cafe)があります。

mumokuteki cafe
【営業時間】11:00-20:00
【定休日】不定休
【電話番号】06-6131-5996

⑤ パプリカ食堂ヴィーガン

最後は、目玉ポイントがたくさんあるお店「パプリカ食堂ヴィーガン」をご紹介します。
こちらは、「肉、魚、卵、乳製品、加工食品、無農薬、無添加」なしのお料理を提供しているのはもちろんですが、オーガニックワインやカクテル、さらにはオーガニックビールの「風の谷のビール」と「SunSun」を提供しています。
ビールの原料でオーガニックなものはほとんど扱いが無いそうなので、とても貴重なビールだそうです。

目玉メニューのひとつは「ヴィーガンハンバーグランチ」。100%植物性の大豆のハンバーグは、本物のお肉のようにジューシー!新鮮でシャキシャキと食べごたえのあるサラダと玄米ご飯で、身体の中から健康になれるメニューと評判です。

また、 豊富なメニューの中には「○○もどき料理」もあります。
精進うなぎの蒲焼・豆腐で作ったカキフライ風・オムレツ・野菜寿司など、気になって仕方がないメニューが満載です。
ベジタリアンフードの概念を覆す料理を堪能してみたい方、ぜひ足を運んでみて下さい。

パプリカ食堂ヴィーガン
【営業時間】11:30-14:00 17:30-23:00
【定休日】不定休
【電話】06-6599-9788

ゲストに急にヴィーガンだと言われて、焦らないようにいくつかレストランの引き出しを持っておきたいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました