ガイドさんインタビュー#5 小泉一成さん

ガイドさんインタビュー 小泉さんインタビュー

コロナの影響でなかなか厳しいインバウンド業界ですが、そんな中でも通訳案内士/通訳ガイドの皆さんは外国人ゲストが戻ってくる日に備えて、知識を貯めたり、語学を磨いたりと日々勉強していらっしゃいます。

今、他のガイドさんは何をしているんだろう?と知りたい方は多いですよね。今回は、コロナ禍で新しいチャレンジを始めた中国語のガイドさんへお話を伺ってきました。

今回は、ガイドさんインタビュー第5弾。
弊社で契約いただいている通訳案内士の小泉一成さんです。

(これまでのインタビュー記事はこちらから)

===============
みなさまこんにちは。
2018年から中国語でガイドをやってます、小泉です。
2020年に定年扱いで退職し、ずっとやりたいと思っていたガイドと中国語を軸にした仕事をぼつぼつ始めた所です。
JapanWonderGuideで教わった3Sは色々な分野で大切な考え方だな、と今更ながらに感じて実行できるよう心掛けてます。
どうぞよろしくお願いします!
===============

素敵な自己紹介をいただきました。ぱっと明るい笑顔が印象的な小泉さん。ガイドで大切にしていることや、コロナ禍で取り組んでいることなど、たくさんお話していただきましたよ。

Q.中国語を学んだきっかけはありますか?

中国拳法にもともと興味があったのですが、友人と卒業旅行で1ヶ月中国に滞在したことが中国語を学ぶ大きなきっかけになったかもしれません。その後、会社のアンケートに軽い気持ちで「中国に行きたい」と書いたことが2年越しに採用されて、会社の語学養成プログラムで中国に1年半派遣されました。こうして、平成の始まりと同時期に中国語の勉強がスタートしました。「中国に行きたい」と書いたことは忘れていたんですが(笑)。

Q.ガイドを始めたきっかけを教えてください

中国や台湾で現地を案内するガイドさんを見て、“面白そうだな~”と感じて日本で自分もやってみたい!と思いました。

Q.印象に残っているゲストはいますか?

集合時間に来なかったゲストがいらっしゃって、電話で確認したところ集合場所とは全く別のところへ行ってしまっていました。30分以上遅れて会うことができ、プライベートツアーは無事にスタート。始めはハラハラしましたが、満足度も高く、とても楽しいツアーになりました。しかし、書いていただいたレビューに「老人ガイド」と書かれていてショックだった記憶があります(笑)

ガイドをする中で、印象に残っているゲストさんは数しれずです!

Q.ガイドをやっていて、良かったと思うことはありますか?

ガイドをする小泉さん

やっぱり、喜んでいただけることが一番ですね。もともと、人前で話すことがあまり得意ではなくて、そんな自分を克服するためにもガイドという道を選択しました。得意ではない分野で自分なりのベストを尽くし、ゲストに喜んでいただけると頑張りを認めていただけているようでとても嬉しいです。

Q.ガイドをする上で意識していることを教えてください

いかに面白く言うかを意識しています。

はじめは、なんでも知っていて歴史の教科書のようなガイドが価値ある存在だと思っていましたが、JapanWonderGuideの研修を受けていくうちに自分の考えていた価値と違うところに本当の価値があることに気づきました。

それからは、ご案内する場所の説明だけでなく、そこから派生してゲストの興味のある分野に話題を広げたり、ゲストに喜んでもらえそうなネタを探したりすることを常に心がけています。

Q.多言語ガイドさんならではの悩みはありますか?

英語ガイドさんと比べると仕事が少ないことは言われますが、メインの本業がありましたので特に仕事が少ないと感じたことはありません。

本腰を入れようと思った矢先のコロナだったので、少し残念ではあります…
中国語のガイドさんが全体で何人いらっしゃるのかなど把握できていないので、中国語ガイドの方々とお話ができる機会があればいいなと思います。

Q.コロナ禍で新しく何か始めたことはありますか

小泉さんバーチャル

オンラインで中国語の発音の講座をはじめました。
オンラインでの講座は増えているので、受講したいと思っていただけるように文章を考えたり、毎日試行錯誤をしています。

▼こちら、小泉さんのされている講座です。ご興味ある方はぜひ!

初心者歓迎!現役通訳ガイドと学ぼう中国語
30年間中国語と向き合い、中国・台湾で中国語をあやつるビジネスマンとして活躍してきた講師が、皆様の中国語上達のお手伝いをします。 《よりネイティブに近い発音にしたいと思いませんか?》 初心者の多くの方が、発音や中国語独特の四声で悩まれます。 私も長い事どうしたらよりネイティブに近い発音が出来るのか、試行錯誤の...

Q.今後の目標は何ですか?

ガイドとしての目標は、外国人ゲストが戻ってきたら、半日や1日ツアーでたくさん活動することです。また、現在、オンラインで日本人向けの街歩きツアーをしていますが、もう少しオンラインガイドとしてのスキルを磨きたいと思っています。

中国語軸での目標は、オンライン講師もそうですが、通訳になることです。中国語を使った仕事としてガイド以外にも発展していきたいです。

JapanWonderGuideの新人研修で教わった3Sがいつも頭にあって、色々なところで共通して大切な事柄だと思い、今後も特に自分が強化したいと思っているポイントです。

スタッフよりひとこと

コロナ禍でも、オンラインツアーやオンライン講座など精力的に活動を広げていらっしゃる小泉さんに、パワーをいただけました。

初めてのことをするときの一歩は、誰でも勇気がいりますよね。
通訳案内士/通訳ガイドの皆さんは、知識量が抱負な上に言語という強みもあるので掛け合わせてぜひ前向きな挑戦をしていただきたいです。

小泉さん、ご協力ありがとうございました。

次回もどうぞ、お楽しみに!

▼インタビュー中、小泉さんが絶賛してくださった3S研修はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました