挑戦しよう!通訳案内士に役立つ◯◯検定10選

通訳案内士に役立つ検定通訳ガイドスキルアップ

通訳案内士/通訳ガイドの皆さんの中には、知的探究心が留まることを知らず◯◯検定に挑戦する方も多いです。「検定マニア」という言葉が日本にあるくらい、日本には様々な検定が増えています。その数なんと1,817件!

今回は、その中でも通訳案内士/通訳ガイドの皆さんに役立つおすすめの検定をご紹介します。

おうち時間も増え、勉強するにはぴったり。この機会に新しい検定試験を受けてみてはいかがでしょうか。

1.歴史能力検定

歴史能力検定

2021年に25周年を迎える検定です。すでに挑戦している通訳案内士/通訳ガイドの方も多いのではないでしょうか。

5級の歴史入門から始まり、3級以降は日本史か世界史を選んで受験することができます。1級の合格率は日本史53.4%、世界史31.3%と難易度は高めです。

「日本史1級」または「日本史2級」の合格者は全国通訳案内士試験の筆記試験科目「日本歴史」が免除されることでも知られています。

歴史能力検定 公式サイト
歴史能力検定の概要、試験例題、試験のお申し込み、関連ニュースなどをご紹介します。歴史能力の実施概要を確認するにはこちら。【主催】歴史能力検定協会

【開催】年に1回
【費用】3級 4,900円、2級 6,800円、1級 7,800円

2.世界遺産検定

世界遺産検定

文部科学省が後援している検定です。検定試験を年に4回開催していることもあり、老若男女さまざまな方が挑戦しています。

1級以上の「マイスター」があることがポイントです。
全国通訳案内士の資格試験で世界遺産について勉強した方も多いはず。せっかく学んだ知識を活かして挑戦してみてはいかがでしょうか。

世界遺産検定公式HP
「入試」「就職活動」「仕事」に役立つ、旅行が楽しくなる。文部科学省後援、世界遺産に関する知識が身につく資格「世界遺産検定」の公式ホームページです。試験日程の確認、検定のお申込、試験結果の確認が行えます。

【開催】年に4回
【費用】3級 4,900円、2級 5,900円、 1級 9,900円
※各テストセンターで好きなときに受けられるCBT試験も実施。(費用に変動あり)

3.和食検定

・和食文化の正しい理解と継承
・日本古来のおもてなしを中心とした業界人のレベルアップ
・日本文化の魅力を国内外に発信できる人材の育成

以上の3つを目的とした検定試験です。まさに、外国人に日本文化を伝える通訳案内士にぴったりの検定と言えるでしょう。ツアー中に、和食の話は必ずと言っていいほど話題に上がります。
正しい知識を身に着けて、一歩上の伝え方をしたいですね。

和食検定【公式サイト】
日本人だからこそ知っておきたい和食の文化と接遇。心豊かな生活と日々の仕事を応援する検定試験です。

【開催】年に1回程度
【費用】初級レベル 4,100円、基本レベル 5,100円、実務レベル 8,200円

4.神社検定(神道文化検定)

神社本庁が監修している、神社好きのための検定です。

日本全国には約8万もの神社があると言われており、どの神社も歴史があり、物語があります。
ツアー中に、神社や神様の物語をゲストにお伝えしてみてはいかがでしょうか。日本には神社検定というものがあることも盛り上がるネタのひとつかもしれません。

神社検定 - 神道文化検定 / 知ってますか?日本のこころ
神社検定/神道文化検定

【開催】年に1回程度/オンライン開催
【費用】参級 5,000円、弐級 6,100円、壱級 7,200円

【資格合格チャレンジ講座】チャート出意人さんと神社検定3級合格を目指そう!(全3回)※見逃し配信あり
参加して学べること・神社と神道の基本・神社を観光客に紹介するための神道の基礎知識を正しく把握できる・全国の八万...

5.日本仏教検定

大切な日本の文化を守っていく担い手を増やしていくことを目的として作られた日本仏教検定。

他の検定試験と大きく違うところは、試験が家に送られてきて、調べながら解答ができるところです。主催している日本仏教協会も、調べながら受験することを「むしろそうしてほしい」と推奨しています。

検定を受けるために学ぶのではなく、調べて学びながら検定を受ける。新しい形の日本仏教検定です。

日本仏教検定「仏検」 | 日本仏教協会
日本仏教検定の実施をさせていただきます。 日本の大切な文化を未来に繋ぎ、育むことを主旨として活動

【開催】ご自宅でいつでも
【費用】3級 3,000円、2級 5,000円、1級 8,000円

6.東京シティガイド検定

東京シティ検定

その名の通り、海外や国内から東京を訪れる旅行者に、東京の魅力をご紹介していただくために必要な知識の理解度を測る検定です。

合格した有志が集まってボランティアガイドクラブも発足している熱量の高さです。
東京をご案内する通訳案内士/通訳ガイドの皆さんにはぜひおすすめしたい検定です。

東京シティガイド検定

【開催】年に1回程度
【費用】5,500円
※各テストセンターで好きなときに受けられるCBT試験。

7.京都・観光文化検定

京都検定

難易度が高いことで知られている京都・観光文化検定。
2020年度の合格率は3級が76.3%、1級が8.7%です。合格者の特典として、施設やホテル、飲食店などへの優待制度があるのが嬉しいポイントです。

京都の魅力を再認識してみては、いかがでしょうか。

京都・観光文化検定試験公式サイト(京都検定)
京をたしなむ、わたしを磨く 京都・観光文化検定試験公式サイト

【開催】年に1回
【費用】3級 3,850円、2級 4,950円、1級 7,700円

8.旅行地理検定

旅行地理検定

全国通訳案内士の試験対策としても利用される旅行地理検定です。
旅行地理に関する知識・教養のレベルを測ることができ、日本旅行か世界旅行か選んで受験することができます。

会場試験かインターネット試験かを予め選ぶこともできます。

旅行地理検定
旅行地理検定試験を実施する旅行地理検定協会の公式ウェブサイトです。

【開催】年に1回程度
【費用】初級 3,000円、中級 4,000円、上級 5,000円
※日本旅行地理、世界旅行地理どちらも同一価格

9.魚がしコンシェルジュ

「魚がし」とは、日本橋、築地と続く江戸の台所であり続けた魚市場のことです。
魚河岸の目利き文化の維持発展のため、「MEKIKI」を世界に浸透させるべく設立された東京築地目利き協会による認定資格です。

東京をご案内する通訳案内士/通訳ガイドさんにとって、築地や豊洲は必ず抑えておきたいエリアです。魚の知識を深めることが、地域を知ることの一歩に繋がるかもしれません。

魚がしコンシェルジュ | 東京築地目利き協会
「魚がし」とは、日本橋、築地と続く江戸の台所であり続けた魚市場のこと、これからは豊洲も「魚がし」になります。 日本橋→築地→豊洲と続く目利きの文化! この講座は、仲卸の『目利き』から、おいしい魚介類の見分け方やおろし方、魚食文化を学べる認定講座になります。

【開催】随時開講。座学や実技の講義に参加して試験を受ける。
【費用】29,800円

10.夜景観光士検定

観光夜景士

「夜景鑑賞士検定」と「イルミネーション検定」を統合させて2019年に新たにできた「夜景観光士」。夜景も、魅力的な観光コンテンツのひとつです。

日本夜景遺産のHPの情報から出題されることが多いそう。日中のイメージが多い通訳案内士/通訳ガイドの仕事ですが、夜に注目してみるのはいかがでしょうか。

夜景観光士検定

【開催】半年に1回程度
【費用】3級 5,500円、2級 6,600円、1級 記載なし

おわりに

いかがでしたでしょうか。気になる検定は見つかりましたか?

JapanWonderGuideでは、第9回神社検定に向けての勉強会を開催します。
講師は、「神道」を学ぼうの講座で講師を務めていただいたチャート出意人さん。
一人で勉強するよりも、みんなで学んだ方が気持ちも高まり勉強に精が出ること間違いなしです。
ご参加お待ちしております!

【資格合格チャレンジ講座】チャート出意人さんと神社検定3級合格を目指そう!(全3回)※見逃し配信あり
参加して学べること・神社と神道の基本・神社を観光客に紹介するための神道の基礎知識を正しく把握できる・全国の八万...

コメント

タイトルとURLをコピーしました