カタカナ英語の理由はこれ!ネイティブに認められる発音の独学方法

英語スキルアップ

英語を学んでいると「発音を上達させたい!」と誰もが思うものですよね。

 「間違ってないはずなのに何度も聞き返された…」

「ネイティブに近い発音ができればかっこいいなぁ」 

そんな方のために、今回は独学で発音を学ぶコツをまとめてみました。
発音の仕組みから具体的な練習方法まで私自身の経験も交えてご紹介します。
この記事を読めば発音練習のコツをつかんで、英語ネイティブとペラペラ会話する自分に一歩近づけるはずです! 

この記事を書いているのは…】
由美ギルバート

日英ハーフながら英語が話せず、コンプレックスを抱え10代を過ごす。

ニュージーランド留学を経験し、その後外資企業に勤めTOEIC985点取得。

長野県白馬村でインバウンド系旅行会社に勤め、オーストラリア人の誘致に携わったのち、イギリスに渡り現地旅行会社で勤務。

現在はWebライターとして、英語に対する無類のパッションを共有すべく執筆活動しているアラフォー。

発音の仕組み 

日本語が母国語だと、英語の発音が非常に難しく感じます。
その理由は何故か?その理由も含めて解説していきます。 

母音と子音 

英語と日本語の発音の大きな違いは「母音」と「子音」がキーと言えます。
日頃意識しないことですが、日本語は「あいうえお」の母音を一文字一文字ハッキリと発音する、という特徴があります。
それに対して英語は、単語のなかの一文字の母音のみハッキリ発音し、あとは曖昧な発音になるのが特徴です。外国人が日本語を話すときの特徴をみると、分かりやすいです。

日本語を使った例:

  • 日本語:Arigato→ありがとう(すべてハッキリ発音)
  • 英語バージョン:Arigàto→ありーと(ハッキリ発音するのは「が」のみ)

また、日本語とは違い「子音で終わる言葉」が多い英語を日本人が喋ろうとすると「すべて母音をハッキリ発音」という習性が発揮され、カタカナ発音になってしまいます。
このカタカナ発音は極論英語では無いので英語ネイティブ、特に日本人の発音の「癖」になじみが無い人には全くと言っていいほど通じません。

子音で終わる英語の例:

英語のスペル:全部ハッキリ「カタカナ発音」→1つの母音だけハッキリ「英語発音」

  • Laugh:ラッフ → ッフ
  • Smart:スマート → マー
  • Call:コール → コー

アクセントとイントネーション 

英語ではアクセント(強勢)イントネーション(抑揚)も非常に重要です。
辞書で英単語を調べるとアクセント記号「′」がついていますよね。
英単語の発音において「どこにアクセントを置くか」を押さえられれば、発音がネイティブに近づきます。

また、イントネーションも英語発音を上達させるうえで意識したい、大事な要素です。日本語はほとんど抑揚のない一本調子な話し方ですが、英語は強弱の波をつけた話し方が特徴です。例えば質問をする場合、英語では文の末尾をあげるのがイントネーションの一例です。 

音声変化

英語の発音を学ぶ上で「音声変化」について理解をしておくと「日本語との違いを意識できる」という意味でも有効です。以下は重要な音声変化を3つに絞って紹介します。 

(説明の為にカタカナで発音の表記をしてるため、なかには少し極端と感じる例がありますので予めご了承ください)

1.連結(リンキング・リエゾン)

会話の中の前後の単語同士が発音上つながることをいいます。主に子音+子音、子音+母音であることが多いです。

例:

  • I feel lucky. アイ フィール ラッキー → アイ フィーラッキー(子音の“l”同士がつながる、カタカナ表記のため少し極端な表現になっています)
  • Keep in touch. キープ イン タッチ → キーピンタッチ(子音の“p”と続く母音の“i”がつながる)

2.脱落(リダクション)

スペリング上では本来発音するはずの音が「脱落」し、発音されない、もしくは極めて弱く発音されることをいいます。

例:

  • Good bye. グッド バイ → グッバイ(“d”が脱落)
  • What are you doing? → ワット アーユー ドゥーイング → ワットユードゥーイング?(“are”が脱落)

なお、シチュエーションによってはあえて脱落する筈の音を強調した感情表現もあります。たとえばWhat ARE you doing!?とすべてハッキリ発音する場合は「怒っている」「面食らっている」などの状況が考えられます。

3.同化(アシミレーション)

近い音同士が合わさって発音されることをいいます。

例:

  • Thank you. サンク ユー → サンキュー
  • Bless you. ブレス ユー → ブレッシュー

その他の音声変化として「ら行化(フラッピング)」として例えばWater がウォーターがウォーラーに変化するというものがありますが、これはアメリカ英語の発音に限ったことでイギリス英語にはあてはまりませんので混同にはご注意ください。

具体的な練習方法やコツ

それではここからは効果的な発音の練習方法をご紹介します。

できれば「どこの国の英語」を話すのか決める

これはアメリカ英語が主流の日本ではあまり重要視されていませんが、グローバルな目線では意外と大事なポイントです。英語といっても世界は広くアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、ニュージーランド英語など本当にたくさん種類があります。

アメリカ英語とイギリス英語を比較しても発音がかなり異なります。
例えばもし「イギリスに行きたいから英語を話したい!」という目的があるならば「イギリス英語の発音」に的を絞って学んでください。そうすれば現地でも発音が伝わる可能性がとても高くなります。

海外ドラマや映画を観て発音を真似る

日本で手にはいる英語教材より、実際に現地で使われている英語を学ぶ近道になるのが海外ドラマや映画です。

英語で観て、最初はそれこそ“Hi“でもいいので、気になった短いフレーズを真似するつもりで発音してみてください。もう一度聞いてみる、発音してみる、を繰り返して脳に刷り込みましょう。英語の発音は「得意なフレーズ」をつくると自信が湧くのでおすすめです。

ここでも強調したいのは、観るドラマや映画がアメリカ英語なのか、イギリス英語なのかをちゃんと確認してから練習することです!

発音を録音・発音アプリを活用

自身の声を録音して聞くのは、客観的に発音の出来栄えを評価するうえでとても有効です。
「自分の声を聴くのは流石に恥ずかしい」という方におすすめしたいのは英語発音アプリです。
無料で手に入るので、ぜひ試してみてください!

おすすめ発音アプリ:

  • AIキャラクターとの対話が面白い:AI英会話スピーキングバディ
‎AI英会話スピークバディ - 英会話や英語リスニングの学習
‎◆100万ダウンロード突破!AI英会話・英語スピーキングアプリ◆ AIキャラクターを相手に英語を話せるから 気を使わずに、時間や場所も自由に英語力を鍛えられる! ▼従来の英会話・英語学習のこんな悩みを解決▼ 『緊張する・恥ずかしい』 => AIキャラクター相手に自分のペースで英語を話せるので失敗しても大丈夫! 『予...
  • スピーキングをスコア化して弱点を指摘してくれる:英語発音を確実に改善するアプリ – ELSA Speak
‎英語発音を確実に改善するアプリ-ELSA Speak
‎◆英語発音改善アプリNo.1 - AIによる英会話発音矯正アプリ!◆ ELSA Speak(エルサ スピーク)は、英会話における正しい発音を最も効果的に勉強できる米国サンフランシスコ発のアプリです。ELSAのAIが発音コーチとなって、あなたの英語の発音を瞬時に音節ごとに評価し、ワンランク上の英会話を可能にします。 ...

英語発音おすすめ参考書

そーた式! まるでネイティブのような「英語の発音」が身につく魔法の法則40 

世界一わかりやすい英語の発音の授業

発音の教科書――日本語ネイティブが苦手な英語の音とリズムの作り方がいちばんよくわかる

英語発音は「自信を持つ」ことが重要です。 

「恥ずかしい」「間違えたらどうしよう」

という感情は、実はある程度いつまでたってもついて回ります。
ならばいっそ勇気をもって「チャレンジしちゃえ!」という気持ちで一歩を踏み出せばそれだけで上達が始まります。

ぜひこの記事の内容を参考に、独学での発音練習、試してみてください!

あわせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました