英語で「バレンタインデー」どうやって説明する?

英語 バレンタインデー英語で日本文化を説明する

2月になると、バレンタインに向けてスーパーやデパートなど、いたるところにカラフルなチョコレートの箱が並びます。
日本では一般的に、女性が男性にチョコレートを渡す日と認識されていますが、海外では少し違います。
例えばアメリカでは、バレンタインの日に恋人をロマンチックなレストランに連れて行ったり、ジュエリーや花束、チョコレートなどをプレゼントしたりします。
女性が男性に、という日本のようなルールはなく、大切な人や恋人と過ごす日とされています。

日本のバレンタインと海外のバレンタインでは、お祝いの仕方が異なりますので、外国人に話をするときは、少し工夫が必要です。
ユニークな日本のバレンタインを、早速英語で説明してみましょう。

英語の記事:

How to Spend Valentine’s Day in Japan
Valentine's Day in Japan is a popular event, celebrated in a unique way. In this article we will explain the Japanese customs and tradition on February 14th!

英語で日本の「バレンタインデー」を説明してみよう

バレンタインデーの英語表記は、Valentine’s Day です。

日本のバレンタインデーは、女性が男性にチョコレートをあげる日です。
恋人である必要はなく、女性は同僚、家族、友人、さらには自分自身にチョコレートを贈ります。

Valentine’s Day in Japan is when women give chocolate to men.
Not necessarily to your lover, women tend to give chocolates to their coworkers, family members, friends or even themselves on Japanese Valentine’s Day.

バレンタインデー 英語

日本のバレンタインデーの起源は諸説ありますが、日本には1930年代に伝わったと言われており、
モロゾフという日本の洋菓子メーカーが、小さなチョコレート店として1931年に開業し、2月14日にチョコレートを買って、恋人に贈るというキャンペーンを始めたのがきっかけと言われています。

There are several theories over the origin of Valentine’s Day in Japan, but it is widely believed to have arrived in Japan in the 1930’s. Morozoff, a famous Japanese confectionery company, started as a small chocolate shop in 1931 when it started a marketing campaign to encourage people to buy and send chocolates to loved ones on February 14th.

70年代から80年代にかけて、バレンタインデーは「片思いの相手にチョコレートをあげると、恋が叶う」というコンセプトとともに若い女性たちの間に広がりました。このコンセプトが現在の日本のバレンタインデーの根幹となりました。

Throughout the 70’s – 80’s, Valentine’s Day became more popular nationwide among young girls with a new concept “If you give a chocolate to your crush, (s)he will love you back.” And this concept became the fundamental idea of today’s Japanese Valentine’s Day.

「義理チョコ」は英語で何と言う?

「義理チョコ」は日本ならではのもので、直訳するのは難しいですが、以下のように説明します。

義理チョコは、特に片思いしている相手ではないけれど、感謝の気持ちを表したい相手にあげるチョコレートです。
相手は会社の同僚、兄弟、両親または支えてくれる人などです。
比較的安価なものを渡すことが多いです。

Giri choco (義理チョコ) is the type of chocolate that you give to someone who you don’t really have a crush on, but want to show your appreciation to.
These can be your co-workers, siblings, parents, or any other person around you that supports you.
It’s common to give them relatively cheaper chocolates compared with Honmei Choco.

「本命チョコ」は英語で何と言う?

本命チョコは、愛する人や片思いしている相手に贈るチョコレートです
本命チョコはより高いクオリティで、こだわったデザイン、高価なものが多いです。
また、本命チョコは特に若い女性にとって大切なイベントで、学校でこっそり片思いの相手に渡したりします。この場合、手作りで可愛らしいラッピングで丁寧に包装されています。

Honmei choco (本命チョコ) are the chocolates that you will want to give to your loved one, or your crush.
Indeed, honmei choco are often high quality, sophisticated designs, and more expensive.
Also, honmei choco is especially a big thing for young girls who secretly bring chocolate and give it to their crush at school.
In this case, chocolate sweets are often homemadeand wrapped carefully with cute wrapping papers.

バレンタインデー 英語

「友チョコ」は英語で何と言う?

友チョコは、友人同士でチョコレートを交換することを言います。
このユニークな習慣は、2000年代初期に、女の子や女性が友情の証として友人にチョコレートを贈ったことから始まったと言われています。
集まってチョコレートのスイーツで女子会をしたり、こっそり学校や会社に持って行って、交換したりする人もいます。

Tomo choco (友チョコ) refers to the exchange of chocolate between friends.
The unique custom is said to date back to the early 2000’s, when girls and women started to send chocolate to their friends as a token of friendship.
Some people get together and hold a (girl’s) party with chocolate sweets, while others secretly bring gifts to their friends and exchange them at school or office!

「自分チョコ」は英語で何と言う?

自分チョコと呼ばれるものを買う人もいますが、これは自分で買って、自分にあげる、ご褒美のチョコレートです

Some girls also like to themselves and buy Jibun choco (自分チョコ), chocolate you buy and give to yourself for a well-deserved little treat.

英語で説明しようシリーズ

「英語で説明してみよう」シリーズを更新しています。
ぜひ他の記事ものぞいてみてくださいね。
英語で日本の文化や行事を説明する機会に、お役に立てたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました