旅行が好きな人必見!旅×英語を活かして出来るお仕事10選

Tips

「旅行が好き」「あわよくば旅行をしながら仕事がしたい」「英語を活かした仕事がしたい」
仕事も趣味も旅行です、なんて言えるような生活ができたら、という人も多いのではないでしょうか。今回は、旅行好きと英語を活かして出来るお仕事を10個ご紹介します。

ワーケーションにおける目的地選定のポイント12個
新型コロナウィルスの影響を受け、にわかに「ワーケーション」という言葉をメディアで目にするようになりました。この記事では、ワーケーションでゲストはどんなポイントを見ているかをご紹介します。

通訳案内士

訪日外国人観光客をご案内し、日本の歴史や文化、習慣を紹介しながら、日本の魅力を伝えるお仕事。
単発で数時間のツアーをご案内するときもあれば、何日間もかけてご案内するときも。大人数/少人数のツアーやバスツアーなど、仕事内容は様々です。
以前は通訳案内士の資格なしではガイドとして働くことはできませんでしたが、2018年の法改正により、無資格でもガイド業ができるようになり、人気が高まっている職業です。
「自分が旅をしているときに現地の人によくしてもらったから、同じように日本に来てくれた旅行者を楽しませたい!」という思いでガイドを始めた人も多く、旅好きにはうってつけの仕事でしょう。

通訳案内士の仕事って?通訳案内士インタビュー

通訳ガイドの始め方-ガイドデビューの方法
通訳案内士資格を取得した、通訳ガイドをやってみたいけど、どうやって仕事を得るの?という方にガイドの仕事の取り方を大公開です。

オペア

「短期間、海外に住みながら働きたい!」という方におすすめなのが、オペアという仕事。住み込みのベビーシッターといったところで、海外のお宅にホームステイし、ホームステイ先の子どものお世話や家事をこなす代わりに生活費はタダ、さらにお給料も出るというシステムです。
ワーキングホリデーや留学目的で海外に渡航し、オペアを始める人が多いようです。英語の勉強をしに1年間くらい海外に行きたいけど、お金の心配はしたくない、という人におすすめです。

通訳/翻訳者

多言語を話せるなら、通訳/翻訳者を目指すのもいいでしょう。
通訳者は、言語能力に長けているだけでなく、スムーズにコミュニケーションをとることができる、対人能力も必要になります。接客が好きだったり、人と話すことが好きな人に向いている職業です。
翻訳は、産業翻訳、出版翻訳、映像翻訳などに分かれており、言語の知識以外にも、専門的な知識が必要になります。フリーランスで仕事をする場合も多いため、場所を選ばず旅をするように仕事がしたいという方は、翻訳者を目指すのもいいかもしれません。

客室乗務員/クルーズ船員

まさに「旅をする仕事」の代名詞ともいえる客室乗務員やクルーズ船員のお仕事ですが、憧れる人も多く、人気が高い職業です。
ただ、その華やかでかっこいい姿とは裏腹に、体力勝負の仕事も多く、スタミナに自信がある人に向いています。
いろいろな国を旅したい、世界中からのお客様をもてなしたい!という方にはぴったりの仕事です。

日本語教師

「国際交流が好き」「日本文化を伝えることが好き」という方は、日本語教師という道もあります。日本語教師になるために、資格は必要ありません。とはいえ、日本語が話せればすぐに日本語教師になれるのかというと、そうではなく、多くの日本語学校では、日本語教育能力試験の合格や、大学の日本語教育専攻、教育機関での420時間以上の日本語教師養成講座の修了などの条件を設けているところがほとんどです。
国内はもちろん海外でも、学校は募集枠が少ないことが多いですが、プライベートレッスンを開いたりしてお金を稼ぐことはできるので、海外移住を考えている人は、日本語教師も仕事の選択のひとつでしょう。

イベントプランナー

展示会や音楽、スポーツ、セミナーなどのイベントを企画・準備・運営する仕事です。国内はもちろん、海外でのイベント運営を任されれば、海外で活躍できるチャンスも多くあります。国内外問わずいろいろな場所を飛び回って仕事がしたい方には向いている仕事です。広告代理店やイベント会社に勤める人が多いですが、後々フリーランスとして独立して活躍できる場合もあります。

写真家

写真一本で生計を立てることは、そう簡単なものではありませんが、知識やスキルを学び、世界を旅する写真家になるのもひとつ。
世界のどこかで撮った一枚の写真が、誰かの心に響き、その人の人生を変えるきっかけになることもあります。そんな一瞬をつくるお仕事、素敵ですよね!

バイヤー

商品の買い付けを行うことがバイヤーの仕事ですが、海外に出かけることも。アパレル業界であれば、海外の展示会へ出席したりする機会もあるでしょう。英語を活かして海外で活躍するバイヤーになるには、英語での商談をスムーズに行う交渉スキルも必要です。また、売れる商品を見極めるための情報収集・分析能力も培っていく必要があります。

トラベルライター

近年増えてきたトラベルライターという仕事があります。その名の通り、旅行をしながら、旅行に関する記事を執筆する仕事ですが、旅行サイトや個人ブログなど、活躍できるプラットフォームは様々。
書くことが好きで、旅行が好きで、さらに続ける力がある方におすすめの仕事です。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターと、通訳案内士の仕事、何が違うの?というと、通訳案内士が訪日外国人に日本を案内するのに対し、ツアーコンダクターは主に日本人向けの旅行に同行し、観光スポットの案内や、手配などをこなす仕事です。海外旅行に同行することも多いので、旅行の知識や感覚を活かしながら仕事ができる魅力があります。ツアーコンダクターになるためには、国内旅程管理主任者の資格や、海外添乗のための総合旅程管理主任者の資格を取得しなければなりません。どちらも、資格取得のためには添乗の実務経験が必要になります。

まとめ

以上、旅×英語を活かして出来るお仕事をご紹介しました。
この他にも、弊社のような旅行会社で働くことも、旅×英語を活かしてできるお仕事のひとつ。旅の経験と知識をもとに、訪日観光客向けのツアーを企画・運営し、時にガイドとして観光客をご案内することもあります。
今回あげた仕事例は、あくまで一部。自分が何をしたいのか、どんな生き方がしたいのか、考えるきっかけになれば幸いです。

通訳案内士/英語関連記事

ガイドデビューの際におさえておきたい5つのポイント
ガイドデビューの際のポイントをおさえて心の準備も万全にし、ゲストを元気いっぱいご案内しましょう。
オンライン研修情報
JapanWonderGuideでは通訳案内士/通訳ガイド向けオンライン研修を実施しております。ご自宅で手軽に受けられるオンライン研修です。ぜひご参加お待ちしております!
自宅で英会話!家にいながら外国人と交流する方法
英語をあまり使えないために、語学力が落ちてしまうのは不安!という方のために、自宅で気軽に外国人と交流できる方法をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました