通訳案内士がUber Eats配達員をやってみた。稼げて楽しい副業!

通訳案内士の副業としてUberEatsのすすめBlog

先日、通訳案内士/ガイドが副業として稼ぐための仕事15の記事にも紹介しましたが、まずは気になっていたUber Eatsの配達員をやってみました。
ガイド中に街で見かけるあのカバン、何をやっているのでしょうか。
通訳案内士のあなたも、そうでない方もUber Eatsはコツコツやれば、副業として稼ぐことができそうです。

通訳案内士/通訳ガイドが、副業として稼ぐための15の仕事
通訳案内士・ガイドは、コロナウイルスの状況で、仕事がなくなっています。経済が復調してきた際に、日本の観光業を支えるガイドさんがいなくなっては一大事。ガイドがこの数か月で取り組める仕事15選をご紹介します。ガイド以外にも、稼げる仕事を持っておくことは大事です。

まとめ

Uber Eatsのすごさは、以下3点です。

  1. 登録がスムーズで、始めるまでのハードルがとても低い
  2. アプリのユーザビリティが楽しくて、遊んでいるように稼げる
  3. ハマって、どんどんやりたくなる仕組みが入っている

では、以下詳細を見てみましょう。
※この記事は、約5分で読み終わります。

1. カンタン登録

  • 無料のWeb登録
    登録はWebから行います。登録費用もかからず、全て無料です。
    ただコチラから登録するだけです。数分で完成します。とてもラクです。
  • SMSと電話でのサポート
    Webから登録した後に、SMSとメールで案内が来ます。
    私の場合、仕事で少しバタバタしており、その後何も反応していませんでした。
    そうしたら、2日後くらいに電話がかかってきます。
    とても感じがよい!私はこの電話で、思い出して登録を進めます。

    個人的にすごいと思ったのが、SMSでのサポート。やりとりが秀逸で、人がやっている感じがします。

    例えば、以下のようなもの。
    『はい。せっかくなのでぜひ、お時間見つけてご登録いただければうれしいです。’登録完了メール’をお送りする時が、至福の時です( *’艸`) 』

    『困ったことがあれば、登録完了までは、●(送信者)が●(登録者)様のバディですので、何なりとお申し付けくださいませ(/・ω・)/』

    定型文だったとしても電話での対応と相まって、やらねば、という気にさせますね。素晴らしいサポート力です!
     
  • リュック到着
    諸々、全てオンラインで発注が終了します。
    そして、あのカバンもすぐに配達して持ってきてくれるのです。
    リュックは購入制(3,500円+配送料)で、Amazonサイト経由以外で手続きをすると毎週1,000円ずつ報酬から差し引かれます。
Sign up to drive with Uber
Sign up to drive with Uber

ちなみに、のんびりしている私でもここまでで1週間弱。早い人は3-4日かと思います。

2. 初仕事受注まで

  • 待機即オーダーにビックリ!
    さて、バックが来たのですが別の仕事をしているのと、マニュアルを全く読んでなかったので、『さてすぐにやろう!』には、なっていませんでした。
    ただ、どんなものかと仕事後に遊びでアプリをONにしてみたのです。

    すると。。。
    なんと5分以内で2件ものオーダーが!!!
    ただ、受け方がわからなかったのと何も準備していなかったので、キャンセルしてしまいました。ごめんなさい。
    ※拒否することも出来ます。
    (アルゴリズム上、受注率は高い方がいいかと思います。非推奨です。)
    ※絶対先に準備することをおすすめします。
  • 準備
    以下準備を進めました。
    内容としては、
    ・アプリダウンロード
    ・マニュアルを読む
    ・移動手段確保
     (レンタル自転車手配)
    ・リュックの機能確認
    ・心を整える
    
  • 受注
    上記準備をした上で、再度待機にしたとたん、わずか3分で発注が!!!

    ドキドキしながら出発です!
    忘れもしない、最初の発注は、なんと、サラダボウルだった。なんておしゃれなんだ。
    ※ ピックアップしに行くだけでも、お金が発生します
    ※配達員の指名はできません

3. ピックアップから完了まで

  • ピックアップ
    さて、初めてレストランにピックアップに行きます。
    レストランの人の反応は、本当に素敵です。

    『こんばんは~、Uber Eatsです~』
    とあいさつすると、
    『どうも!Uberさん、コチラです~』
    と対応してくださいます。
    ※通訳案内士さんの笑顔、存分に発揮ください。

要注意ポイント
・ピックアップする際に注文番号をチェック!
・お届け物が揺れないように、セットする。
・受け取ったら、アプリで【配達を開始する】をスワイプする。
・配達場所は、わからないのですごく遠くに行く可能性も!?

  • 移動
    さぁここからは、孤独な仕事になります。
    上記の写真のように、Googleマップに表示されるように、移動します。
    安全に、揺れないように、でも急ぎましょう。
    ゲストはお腹を空かせてあなたの到着を待っています!
    (ゲストの画面から、ドライバーの位置は見えますので、道を間違えたり寄り道したりしないように!)
    ※実際、いい運動になります。通訳案内士さんの体力なら、まったく問題ないはず。
  • 注文をお渡し
    受取人の方も、レストラン同様、素敵な対応です。みんないい人で感謝されます。
    人に感謝されることって、やっぱりうれしいですね!!!
    いったんはこれで業務完了です。
    ※通訳案内士さんの笑顔、ココでも存分に発揮ください。
  • 評価システム
    さて、実は運んで終わりではありません。
    私、初日は緊張していて気づかなかったのですが、ドライバーからレストラン・ゲストと、レストラン・ゲストからドライバーへの評価を入れることが出来るのです。

    ※Airbnbの宿泊の方と同じく、レビューを入れあうことで、みんながいい人になろうとする仕組みが入っています。素晴らしいですね。
    ※普段のツアーと同じく、よろしければレビューよろしくお願いします、と伝えてもいいかと思います。(現状、ほぼ入らない印象ですが)
  • 最初の3日間のまとめ(合計3時間稼働、7件配達)
    ・レストランもゲストもいい人ばっかりで、みんながみんなに感謝する、いいサー
     ビスです。
    ・お届け先の特徴としては、素敵なマンションや、ホテルが多い。
     1~2人分がほとんどです。
    (頼む側も配達費用がかかるので、余裕がある人が頼むのは当たり前ですが)
    ・感覚的に、Uber Eatsのリピーターは6割くらいで、新しく使い始めた人も
     かなりいらっしゃいます。
    (お金払わなくていいの?何もしなくていいの?という質問を何度か受けた)
    ・注文があったのは、以下です。
     サラダ、インドカレー、海鮮丼、天ぷら、インドカレー、薬膳カレー、豚丼。
     カレー強し、です。
    ・アプリは、全部直感的でとても簡単に使える。
    ・いくら稼いだかすぐわかる。
     3時間で、約5,000円。
     慣れたら、時給2,000円くらいなら稼げそうです。

Uber Eatsドライバーの報酬

報酬は、以下の3つからなっています。

①基本フィー:配達基本料です。
②ピックアップフィー:レストランに取りに行く料金です。
③お届けフィー:距離によって料金が変わります。
④手数料(Uber Eatsシステム利用手数料が10%引かれます)

ざっくり足しあげて、1時間1,500~2,000円のイメージです。
(自転車料金などを除く) 
しっかりやれば、副業として稼げそうですね。

4. 継続させる仕組みづくり

さて、配達員もリピーターにするための仕組みがしっかりしているので、ご紹介します。

  • 様々なキャンペーンがある
    初めての配達でプラス4,000円とかがあったり、週頭に”クエスト”というチャレンジが設定される。
    それによって、何回かやってボーナスもらおう、という気にさせますね。
    また、”ブースト”と呼ばれる給料が上がる時間や場所がある。
  • 自分がユーザーにもなる事ができる
    先ほど、ドライバーの様子が見える、と書きましたが、
    自分がユーザーとして頼んでみると、
    自転車に乗ってやってくるドライバーさんの見え方が変わります。
    その経験が、自分がドライバーになった時のサービスに大きく意味がある
    と思います。
    Airbnbも同じ仕組みです。
    通訳案内士さんも、自己研鑽で国内の別のツアーに参加したり、海外のツアーに参加する事は多いですが、同じです。

5. Uberのビジネスモデル

では、最後に、Uber Eatsのビジネスモデルについて考えてみましょう。
全員から、しっかり手数料を取る仕組みが出来ているのです。 以下ご確認下さい。

  • 配達員:配達料の10%
  • ゲスト:商品の10%+配達料
  • レストラン:商品の35%

便益のあるみんなから、手数料を取るサービスで、なかなかよく考えられていますね。
素晴らしいサービスです。

最後になりますが、運動不足を補う副業、ということで、皆さまも始めてみてはいかがでしょうか?おすすめですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました