ビジネスシーンで役立つ英語の自己紹介フレーズ13選【最初の挨拶〜締めの挨拶まで】

英語スキルアップ

ビジネスシーンで相手に会った際、最初に行うのが自己紹介です。

本記事では、ビジネスシーンで役立つ英語の自己紹介フレーズ13選を紹介します。

最初の挨拶から最後の挨拶まで流れに沿って説明しています。ビジネス英語学習者はぜひチェックしてみてください。

この記事を書いているのは…】
凡人
Webライター/ブロガー 高校時代の海外旅行がきっかけで英語に興味を持つ。大学時代には10ヵ国を旅し、TOEIC870点を取得。6年間の英語講師経験あり。現在は英語特化型のWebライターとして活動中。自身でもWebメディア「#オンライン英会話のある生活」(https://bonjinblog.com/)の運営を行っている。
Twitter:https://twitter.com/bonjineikaiwa

ビジネスで使える英語自己紹介フレーズ13選

ビジネス英語で使える自己紹介フレーズを実際の自己紹介の流れに沿って13フレーズ紹介します。

最初の挨拶

最初の挨拶に関するフレーズは以下の3つです。

  • “Hi. It’s nice to meet you.”
  • “Hello, it’s a pleasure to meet you.”
  • “Hi, how are you?”

それぞれ詳しく見てみましょう。

“Hi. It’s nice to meet you.”

訳:お会いできて嬉しいです。

最も基本的な挨拶の表現です。

“Hello, it’s a pleasure to meet you.”

訳:お会いできて大変光栄です。

1つ目よりもフォーマルな挨拶の表現です。

“Hi, how are you?”

訳:元気かい?

1つ目よりもカジュアルな挨拶の表現です。

名前

自分の名前に関するフレーズは以下の2つです。

  • “I’m 〇〇, please call me 〇〇,”
  • “I’m 〇〇, I suppose it doesn’t sound familiar, so please call me 〇〇 in short.”

それぞれ詳しく見てみましょう。

“I’m 〇〇, please call me 〇〇,”

訳:私は〇〇です。〇〇と呼んでください。

最も基本的な自己紹介の表現です。

“I’m 〇〇, I suppose it doesn’t sound familiar, so please call me 〇〇 in short.”

訳:私は〇〇です。覚えにくいと思うので〇〇と呼んでください。

ニックネームで呼んで欲しいときに使う表現です。英語圏の方にとって呼びにくい、発音しづらい名前だと自覚している方は、この表現を使うといいでしょう。

社名、部署、役職など

社名、部署、役職などに関するフレーズは以下の5つです。

  • “I’m in charge of~”
  • “I’m responsible for~”
  • “I am 〇〇” “I work as a 〇〇”
  • “I’m a manager of the 〇〇 department.”
  • “I’m leading 〇〇 team.”

それぞれ詳しく見てみましょう。

“I’m in charge of~”

訳:私は〜を担当しています。

「I’m in charge of the sales department. (営業部を担当しています)」のような形で使える表現です。

“I’m responsible for~”

訳:私は〜を担当しています。

1つ上の表現と好きな方を使ってOKです。

“I work as a 〇〇”

訳:私は〇〇として働いています。

例:I work as an accountant. (私は会計士として働いています。)

“I’m a manager of the 〇〇 department.”

訳:私は〇〇部のマネージャーです。

営業・経理など部署を説明する際に使える表現です。

“I’m leading 〇〇 team.”

訳:私は〇〇を指揮しています。

チームのリーダーをしていることを伝えられる表現です。

簡単な経歴

簡単な経歴に関するフレーズは以下の1つです。

  • “I worked at 〇〇(会社名) for ○ years being in charge of 〇〇.” 

詳しく見てみましょう。

“I’ve been working at 〇〇(会社名) for ○ years being in charge of 〇〇.”

訳:私は〇〇で◯年間〇〇担当として働いています。
例:I’ve been working at ABC company for 3 years being in charge of digital marketing.
(私はABC社で3年間デジタルマーケティングを担当して働いています)

社名・部署・役職をまとめて伝えられる便利な表現です。

締めの挨拶

締めの挨拶に関するフレーズは以下の2つです。

  • “It was nice meeting you.”
  • “I look forward to working with you.”

それぞれ詳しく見てみましょう。

“It was nice meeting you.”

訳:あなたに会えてよかったです。

基本的な締めの挨拶の表現です。

“I look forward to working with you.”

訳:私はあなたと一緒に働けることを楽しみにしています。

挨拶の後も引き続き一緒にお仕事ができる場合に使える表現です。

ビジネスシーン別の英語自己紹介例

商談にて

商談ではまず受付とやりとりをします。

  • Hello, my name is ○○ from △△.
    (こんにちは、私は△△(会社名)の○○(氏名)と申します。)
  • I have an appointment with ○○ in △△.
    (△△(部署名)の○○様とお約束をいただいております。)

商談相手が入室したら挨拶をします。この時の挨拶は普段ビジネスシーンで行う一般的な挨拶と何ら変わりはありません。

  • Hello, my name is ○○ from △△. Nice to meet you.
    (こんにちは、私は△△(会社名)の○○(氏名)と申します。よろしくおねがいいたします。)

入社時にて

企業に入社した初日に行う挨拶です。入社時の挨拶では、名前とどんな職種や役職で入社したのか、以前は何をしていたのかなどを伝えましょう。

  • Nice to meet you. My name is Ken. I’m the new graphic designer. I worked at Wonder Company for two years before joining this company.
    (初めまして。新しいグラフィックデザイナーの○○です。入社前はワンダー社で2年間働いていました。)

面接にて

就職試験の面接で最初に行う自己紹介です。

新卒であれば名前と出身大学、中途採用であれば名前と前職について簡潔に説明しましょう。

  • Hello, I’m Fujinaga. It’s a pleasure to meet you.
    (こんにちは、藤永と申します。お会いできてとても嬉しいです)
  • I have been working in sales at an apparel company for 3 years.
    (アパレル企業で3年間、営業として働いています)

英語の敬称の使い方

目上の方の名前を呼ぶ際は、敬称を使います。日本語と英語では日本語の方が何かと複雑なことが多いですが、敬称に関しては、英語の方が複雑です。

今回は英語の敬称の中でもビジネスシーンでよく使うものをいくつか紹介します。

  • Mr.(男性に使う敬称)
  • Sir(名前が分からない男性に使う敬称)
  • Ms.(未婚女性に使う敬称)
    ※結婚しているか分からない方にも使えるので、女性に対する一番無難な敬称です
  • Mrs.(既婚女性に使う敬称)

会話例文

ここまで紹介したフレーズを使った、ビジネスシーンでの自己紹介のやりとりの例文を紹介します

Hi, how are you? It’s a pleasure to meet you.
こんにちは、調子はどうですか?お会いできて嬉しいです。

I’m Takehiro, but I suppose it doesn’t sound familiar, so please call me Take in short.
私はタケヒロと申しますが、聞き慣れないと思うので、略してタケと呼んでください。

Hi Take, I’m Jane. I’m a manager of the marketing department.
It’s a pleasure to meet you too.

こんにちはタケ、私はジェーンと言います。マーケティング部のマネージャーをしています。

私もお会いできて嬉しいです。

I will be leading the sales team from now on. I look forward to working with you.

私はこれから営業部を引っ張っていくことになりました。一緒に働くことを楽しみにしています。

まとめ

ビジネスシーンで役立つ英語の自己紹介フレーズ13選を紹介しました。

本記事で紹介したフレーズは、ぜひ実践でも使ってみてください。

あわせて読みたい

英語を活かして外国人ゲストをおもてなし!

  • 日本の魅力を外国人に紹介したい
  • 英語や語学を活かした仕事がしたい
  • 人を喜ばせることが好き

そんな方にぴったりな仕事が通訳案内士やツアーガイドのお仕事です。

通訳案内士(ツアーガイド)は、一緒に街を歩いて、地域の歴史や文化をお話しながら、外国人ゲスト一人一人の旅が素敵なものになるようお手伝いします。
ガイドの印象によって、日本の印象が決まると言っても過言ではありません。
人を楽しませることが好きで、日本の魅力を世界に伝えたい!という情熱をお持ちの方は、ツアーガイドを目指しませんか?

JapanWonderGuide(JWG)は「日本のガイドの質を世界一に」をスローガンに掲げるガイドコミュニティです。2020年から活動を開始し、全国通訳案内士等を中心に、現在は、2,000名を超えるコミュニティとなっております。

JWGの有料会員(KNOTTER, ノッター)にご登録いただくと、月額1,000円(税込1,100円)で、ガイディングやビジネスに活きる知識・スキルが身につく研修動画、E-Learningが見放題!有料コンテンツを無料でご視聴いただけます。
そのほか、下見やツアー時の観光施設の優遇利用や、人気観光施設の最新情報や裏話をお届けするJWG Live!の見逃し配信、各研修の割引などをご利用いただけます。

さらに、有料、無料会員様ともに研修やイベント情報など、ガイドに役立つ内容がたっぷり詰まったメルマガを月に2回お届けします。
また、ガイド仲間を見つけ、交流できるFacebookグループにもご招待!情報交換の場としてお使いください。

フリーメンバーKNOTTERKNOTTER+
料金無料月額1,000円
(税込1,100円)
年間14,000円
(税込15,400円)
期間無期限毎月自動更新2023年8月31日まで
①Japan Wonder Travel
プラットフォーム利用
➁メンバー限定Facebookグループご招待
③メンバー向けメルマガ受信
④JWG Live!見逃し配信
⑤優待施設利用
⑥JWG主催研修割引
⑦通訳案内研修
(3,500円)
無料無料
⑧JWG動画配信有料無料無料
⑨通訳ガイド保険
会員種別・会費について


JWGでは、ガイドのスキルアップを目指す方や、ガイドに挑戦したい新人ガイドさんを応援します!

「学校の合間に」「週末だけ」
JapanWonderGuideと一緒に、ツアーガイドへの一歩を踏み出しませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました