ホテルで使う接客英語はたったこれだけ!シチュエーション別に元ホテルマンが解説!

ホスピタリティ向上

「ホテルで働いてみたいけど英語力に自信がない。」

「ホテルで使う英語はネイティブレベルなのか気になる。」

「ホテルの接客英語は難しそうだと感じている。」

このようにお悩みではありませんか。

私も7年前に静岡でホテルの接客業をやっており、ホテルで働く前は、英語で接客できるか不安を抱えていました。

しかし実際に働いてみて分かったことは、英語はネイティブレベルに話せなくても問題ありません

丁寧なフレーズを覚える必要こそあるものの、中学で習った馴染み深い単語を使えれば接客できるのです。
さらにホテルでは聞かれる質問はほぼ一緒なので、すぐ覚えられます。

今回はホテル接客で使えるシチュエーション毎の鉄板フレーズをご紹介します。

この記事を読むことで、実際にホテルで使う英語がわかり不安もなくなるでしょう。
ぜひ、最後まで読み進めてください。

この記事を書いているのは…】
石井 政章(いしい まさあき)
元ホテルマンです。リゾートホテル、シティホテルで主にフロントスタッフとして働いていました。
ホテルで働こうと思ったきっかけは、海外が好きで英語を活かしたいのと人を喜ばせたいという想いがあったからです。
現在は退職しWebライターとして活動しています。

ホテルで使う接客8大用語の英語

まず8つのフレーズを覚えましょう。
基本的な挨拶表現であり、使う場面が非常に多いフレーズです。
順番に見ていきましょう。

日本語英語補足説明
おはようございます。いらっしゃいませGood morning sir.
May I help you?
男性はsir(サー)女性はMa’am(マム) 若い女性はMiss(ミズ)
はい。かしこまりましたCertainly(サートゥンリー)丁寧な言葉です。
少々お待ちくださいませJust a moment please.Could you〜を前に持ってくるとより丁寧。
お待たせいたしましたI’m sorry to have kept you waiting.kept=keepの過去形。
ありがとうございますThank you very much.丁寧なフレーズ。
恐れ入りますI am sorry.I’mと略さないことでより丁寧になります。
申し訳ございませんI apologize(アポロジャイズ)I am very sorryと表現しても問題ありません。
ありがとうございました、またお越しくださいませThank you very much, we hope to see you again.丁寧で言いやすいフレーズです。

この8つを英語で言えるようにしておくと、あらゆる場面で役に立ちますよ。

ホテルスタッフが使う接客英語

ここではホテルで使う接客英語を5つの場面に分けて紹介していきたいと思います。

  1. チェックイン
  2. 部屋にご案内
  3. 周辺観光案内
  4. トラブル対応
  5. チェックアウト

順番に見ていきましょう。

1.チェックインで使う英語フレーズ

May I help you, are you checking in?
いらっしゃいませ、チェックインでございますか?

May I have your name?
お名前をお願いできますか?

Your reservation today is for one night in a superior room for two adults and two children.
本日から1泊、大人2名様、お子様2名様、スーペリアルームでご予約いただいております。

※a nightで1泊という意味です。

Could you fill out this form with your name, address, and phone number.
こちらの用紙に、お名前、ご住所、お電話番号の記入をお願いします。

※fill outは記入するという意味です。

Thank you very much.
ご記入ありがとうございます。

Your room number is 1001 on the tenth floor. Here is your room key.
お部屋は10階の1001号室をご用意しております。こちらがお部屋の鍵でございます。

Our staff will take you to the room.
お部屋係の者がお部屋までご案内いたします。

Enjoy your stay.
ごゆっくりお過ごしくださいませ。

2.部屋にご案内するときの英語フレーズ

お客様をお部屋までご案内する場合のフレーズです。

I will keep your room key.
お部屋の鍵をお預かりいたします。

Elevator is this way.
エレベーターはこちらです。

Your room is on the 10th floor.
お部屋は10階でございます。

Tenth-floor sir. Please go to your right.
10階でございます。左手の方へお進み下さい。

The emergency exit is located at the center and at the end of this hall.
非常階段は突き当たりと中央にございます。

※非常口は、Emergency exitといいます。
緊急事態に対応するためチェックインの際に必ずご案内します。

Today’s room is here.
本日のお部屋はこちらでございます。

Please contact the front desk if you have any questions.
本日のお何かございましたらフロントへご連絡くださいませ。

Enjoy your stay.
ごゆっくりお過ごし下さいませ。

3.周辺観光を案内するときの英語フレーズ

お客様にホテル周辺の観光場所を聞かれたときに答えるときのフレーズです。

会話形式で見ていきましょう。

Excuse me, we would like to go to “kinkakuji temple”. How can I go there?
すいません、金閣寺へ行きたいのですがどうやっていけばよろしいですか?

”Kinkakuji temple” isn’t it? You can take the bus 33 from the bus stop in front of the hotel.
金閣寺でございますね。ホテル正面のバス停から33番のバスに乗ると行けます。

Thank you very much. How long does it take to get there?
ありがとうございます。時間はだいたいどれぐらいかかりますか?

It takes around 30 minutes and the fee is 500 yen.
お時間は30分ほどかかります。料金は500円でございます。

※It takes〜で、かかるという意味です。

Alright. I appreciate your help.
分かりました。ありがとうございます。

Have a safe trip.
お気をつけていってらっしゃいませ。

▼道案内に役立つ英語フレーズ

4.トラブル対応時

ホテルでは客室を中心にトラブルが発生しやすいです。
事例を英語にしてみましたのでご覧ください。

トラブル事例(英語)

You have given us the wrong room.
部屋が間違っているようです。

There are no bath towels in the room.
部屋にバスタオルがありません。

The hair dryer doesn’t work.
ドライヤーが壊れています。
※doesn’t workは、故障しているという意味です。

The toilet doesn’t flush.
トイレの水が流れません。

I forgot my key in the room.
鍵を部屋に忘れてしまいました。

The room next door is too noisy.
隣の部屋がうるさいです。

以上が客室で発生しやすいトラブルです。
大きなクレームにつながらないようにするため、初期対応は非常に重要です。
丁寧な謝罪ができればお客様を怒らせずに済むでしょう。

覚えておきたい英語の謝罪フレーズ

次に覚えておくべき謝罪のフレーズをご紹介していきます。

We are very sorry for the inconvenience.
ご不便をおかけしてしまい申し訳ございません。

I sincerely apologize for that.
心からお詫び申し上げます。

It’s our fault.
私たちの間違いです。

I’ll check on it immediately.
すぐに確認いたします。

The manager will be here soon.
すぐに責任者が参ります。

5.チェックアウトで使う英語フレーズ

お客様と最後に接する場面ですので、気持ちよくお帰りいただくように心がけていきましょう。

Good morning sir. Are you checking out?
おはようございます。チェックアウトでございますか?

May I have the key?
鍵をいただけますか?

Did you take anything from a mini-bar?
ミニバーをご利用されましたか?

How would you like to pay?
お支払い方法はいかがいたしますか?

May I have your credit card?
クレジットカードをお預かりいたします。

Could you sign here?
こちらにご署名ください。

Thank you very much. Have a safe trip to your home.
ありがとうございました。お気をつけてお帰りくださいませ。

まとめ

今回はシチュエーション別で使える英語フレーズをご紹介しました。

ご紹介したフレーズさえ使えれば、ホテルでの英語の接客も問題なくできます。

英語で堂々と接客ができると外国人のお客様は安心でき、もう一度宿泊してみたいと思ってもらえるようになります。ぜひ英語フレーズを覚えて、楽しい思い出を作ってもらいましょう。

ホスピタリティを活かして外国人をおもてなし!

通訳ガイド バナー
  • 日本の魅力を外国人に紹介したい
  • 英語や語学を活かした仕事がしたい
  • 人を喜ばせることが好き

そんな方にぴったりな仕事が通訳案内士やツアーガイドのお仕事です。

通訳案内士(ツアーガイド)は、一緒に街を歩いて、地域の歴史や文化をお話しながら、外国人ゲスト一人一人の旅が素敵なものになるようお手伝いします。
ガイドの印象によって、日本の印象が決まると言っても過言ではありません。
人を楽しませることが好きで、日本の魅力を世界に伝えたい!という情熱をお持ちの方は、ツアーガイドを目指しませんか?

JapanWonderGuide(JWG)は「日本のガイドの質を世界一に」をスローガンに掲げるガイドコミュニティです。2020年から活動を開始し、全国通訳案内士等を中心に、現在は、2,000名を超えるコミュニティとなっております。

JWGの有料会員(KNOTTER, ノッター)にご登録いただくと、月額1,000円(税込1,100円)で、ガイディングやビジネスに活きる知識・スキルが身につく研修動画、E-Learningが見放題!有料コンテンツを無料でご視聴いただけます。
そのほか、下見やツアー時の観光施設の優遇利用や、人気観光施設の最新情報や裏話をお届けするJWG Live!の見逃し配信、各研修の割引などをご利用いただけます。

さらに、有料、無料会員様ともに研修やイベント情報など、ガイドに役立つ内容がたっぷり詰まったメルマガを月に2回お届けします。
また、ガイド仲間を見つけ、交流できるFacebookグループにもご招待!情報交換の場としてお使いください。

フリーメンバーKNOTTERKNOTTER+
料金無料月額1,000円
(税込1,100円)
年間14,000円
(税込15,400円)
期間無期限毎月自動更新2023年8月31日まで
①Japan Wonder Travel
プラットフォーム利用
➁メンバー限定Facebookグループご招待
③メンバー向けメルマガ受信
④JWG Live!見逃し配信
⑤優待施設利用
⑥JWG主催研修割引
⑦通訳案内研修
(3,500円)
無料無料
⑧JWG動画配信有料無料無料
⑨通訳ガイド保険
会員種別・会費について


JWGでは、ガイドのスキルアップを目指す方や、ガイドに挑戦したい新人ガイドさんを応援します!

「学校の合間に」「週末だけ」
JapanWonderGuideと一緒に、ツアーガイドへの一歩を踏み出しませんか?

あわせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました